インドのOYO(オヨ)がマリオットを超えるのは時間の問題

2019年09月12日 16:00

以前このブログで紹介した中国の新興コーヒーチェーン「luckin coffee」は、2017年10月の創業以来、中国国内で既に2000店舗以上の出店を果たしています。スターバックスの中国国内の店舗数が3000店舗程度だそうですから、極めて短期間に店舗数で猛追していることがわかります。

ITを駆使した新しいコーヒーチェーンの破壊力は凄まじいものがありますが、それを超える強烈な成長をしているのが、インドのホテルチェーン「OYO(オヨ)」です(写真はツイッターから)。

創業からわずか6年ですが、今年の7月には管理する部屋数が110万室を越え、世界最大のホテルチェーンのマリオットグループを、あと数か月で部屋数で抜くと予想されています。管理するホテルの部屋数が、毎月9万部屋増えているという、桁違いのスピードです。毎年ではなく、毎月これだけ増えているのです!

その原動力も、やはりITです。

ネット上の記事によれば、OYOは、全世界のデータベースの活用により、通常6か月から1年程度かかる物件の契約締結にかかる日数を、最短で3回の会議、長くても5日間まで可能にしているそうです。

また、インテリアデザインにもテクノロジーを活用し、客室設備や壁面素材などを最適化することで、客室の稼働率を3倍に上げることに成功。さらに、客室単価の設定にもITを活用し、1日に5000万件もの価格調整を実施しているとしています。

規模の急拡大による、品質管理の問題が気になりますが、テクノロジーがそれをカバーする仕組みを作っているのです。

ソフトバンクも出資し、日本でのビジネスはホテルではなく不動産賃貸ビジネスをメインに進めています。こちらも、国内で管理している賃貸物件の件数が、数か月で既に6000部屋と急成長しています。

中国やインドの急成長企業は、日本では想像を絶するスピード感で展開しています。

OYOの日本国内の不動産賃貸ビジネスに関しては、日本法人のOYO LIFE(オヨライフ)の専門スタッフを招いて、インナーサークル資産設計実践会で早速研究を始めることにしました。どんなクオリティのサービスなのか「人体実験」していこうと思っています。

これからの不動産投資は「誰と付き合うか」で決まります。資産設計実践会に興味をお持ちの方は、まずはこちらから無料の動画(2時間20分)を見て下さい。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年9月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑