「アパホテルで3万円!」をオヨは破壊できるのか?

2019年11月23日 11:30

アパホテルというと、部屋が狭いのに宿泊料金が高いというイメージがあります。しかし、常に高い訳ではなく各ホテルの支配人に権限を与え、需要の強弱に応じて柔軟に価格を変更するレベニューマネジメントを行っている結果、ピーク時に高い宿泊料となってしまっているのです。

そんな客室数を急拡大し、国内で最も室数が多くなったアパホテルに強力なライバルが出現しました。ソフトバンクGが出資しているインドのホテルチェーンOYO(オヨ)です。報道によれば、2020年3月までに日本国内で7万5千室を展開する計画を立てています。アパホテルが現状約7万室ですから、半年足らずで部屋数ではナンバーワンに躍り出ることになります。本当に可能なのでしょうか?

オヨルームズ、アパホテル予約サイトより:編集部

といっても、オヨはホテルを新規に建設するのではありません。既存のホテルをオヨブランドに看板変えして、宿泊ビジネスのインフラを提供するビジネスモデルです。そのキモになるのが、人工知能(AI)で競合宿泊施設の需給を予測し、宿泊料金を設定するダイナミックプライシングです。

アパホテルとオヨがビジネスホテルの世界で競争を始めると、どうなるでしょうか。

東京ではビジネスホテルが次々と建設されていますが、それらの多くは価格競争に巻き込まれ、撤退に追い込まれるでしょう。中には、オヨのフランチャイズとして生き残るホテルも出てくるかもしれません。

東京オリンピック後の2021年には、東京ではビジネスホテルが12000室過剰になるという不動産専門家の予測データもあります。そうなれば、さらに競争は激化し、価格競争が始まると思われます。

「アパホテルが3万円!」というような状況は、オヨが破壊してくれるかもしれません。

果たして、オヨが本当に日本最大の部屋数を持つホテルチェーンに短期間になることができるのか?ウィーワークで苦境に陥っているソフトバンクGのホテル戦略とそれによる日本国内のホテルビジネスの激変に注目しています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年11月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑