旅慣れた人はナゼ「マイル修行」すべきなのか

2019年11月30日 14:00

ウクライナのキエフからフランクフルト経由で東京に帰ることになりました(写真はフランクフルトのファーストラウンジ)。

乗り継ぎをするような長時間のフライトで体の負荷を軽くするのは、空港のラウンジと機内のビジネスクラス以上のシートです。

しかし、お金を出してビジネスクラスを毎回使えるという人ばかりではありません。エコノミークラスでの旅行をせざるを得ない場合もあると思います。そんな時のためにやっておくべきなのが「マイル修行」です。

例えば、JALの場合年間の利用がフライオン(マイルとは別のカウント方法になります)で5万ポイント以上になると永久会員の資格を得ることができます。JALカードを作って、解約しない限りそのステイタスで毎回空港ラウンジを使うことができるのです。エコノミークラスでフライト予約してもラウンジは問題無く使えます。

さらに、ステイタスがアップするとプレミアやダイヤモンドではファーストクラスラウンジを利用できるようになります。ただし、これは期限付きで、利用頻度が落ちるとファーストクラスラウンジは使えなくなります。このようなサービスはANAもやっていて、条件などはほとんど同じです。

JALとANAの両方でステイタスを一度取ってしまえば、どちらも永久にラウンジ利用の権利を得ることができます。

また、JAL(あるいは加盟しているワンワールド)もANA(あるいは加盟しているスターアライアンス)も無いような新興国の空港では、プライオリティパスが活躍します。これは、見せるだけで世界中のラウンジが利用できる便利なカードで、安く入る方法があります。

旅行で飛行機を使うことが年間数回しかないという方には関係ありませんが、旅慣れた人には、このマイル修行はとても大切なテーマです。

今回のスタディツアーでは、東京 → ロンドン → キエフ → フランクフルト → 東京 というルートになりましたが、ロンドンとキエフではプライオリティパスにお世話になり、出発の東京と乗り継ぎのフランクフルトではJALのラウンジを利用しました。

なるべく、コストをかけないで、フライトの際の体の負荷を下げる方法を人体実験しています。その成果は、インナーサークル資産設計実践会でシェアされて、受講者から大変喜ばれています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年11月30日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑