参院本会議代表質問、安倍首相「投了」に追い込めるか:桜を見る会ヤマ場

2019年12月02日 10:00

本日(12月2日)午後1時から参議院本会議で開かれる代表質問が、今臨時国会で安倍晋三首相が野党から直接質問を受ける最後の場となる。

代表質問なので、一問一答形式の委員会とは異なり、何回も質問と答弁の応酬を繰り返すのではないが、代表質問に対する内閣総理大臣の答弁に対しても、与えられた質問時間の範囲内で2回まで再質問(参議院規則110条)を行うことが可能だ。

「桜を見る会」前夜祭、安倍首相説明の「詰み」を盤面解説】で「将棋の盤面」を用いて解説したように、前夜祭における公選法違反、政治資金規正法違反に関する安倍首相の「説明」は、完全に「詰み」の状態である。

しかも、11月29日の「桜を見る会」追及本部法務班でのヒアリングでも説明したように(ビデオニュース【「ホテルが直接領収書を渡した」は嘘 ?! 追及本部が郷原弁護士を招き公開ヒアリング】)、安倍首相が、ホテルニューオータニ側に説明を押し付けるという最悪の「一手」(6七玉)を打ったのに対して、この問題に対する「追及」で、

安倍首相夫妻、事務所、後援会関係者は、夕食会の参加費をホテルに支払ったのか

という質問を行うことで、安倍首相側には、後援会の政治資金収支報告書に

支払ったと言えば、主催者の後援会側の「支出」、支払っていないと言えば、ホテルニューオータニから後援会への「寄附」

の記載義務があったことになり、政治資金規正法違反が否定できなくなる。

安倍首相がまともに答弁しなければ、再質問も可能なはずだ。

つまり、「5五金」を、「6六金」と動かす「一手」だけで詰む「一手詰め」なのである。

この点は、先日のヒアリングで、野党の追及本部の議員に、十分に説明した。

今日の参議院本会議での代表質問で、野党側がこの「一手」を打って、「桜を見る会」前夜祭の問題を、安倍首相の「投了」(安倍晋三後援会の政治資金収支報告書訂正の必要性を認める)で終わらせることができるかどうかが、最大の注目点となる。

郷原 信郎 弁護士、元検事
ツイッター「@nobuogohara」 郷原総合コンプライアンス法律事務所

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑