会社員が起業して、得るものと失うもの

2019年12月17日 14:00

私が社会人になった1980年代後半は、大学を卒業したら大手企業に勤務して、定年まで勤めあげるのが当たり前でした。

しかし、そのような「大企業で終身雇用がデフォルト」という価値観はすでに崩壊しています。若者だけではなく、40代、50代でも大企業をあっさりとやめて、自分で起業する人が次々と出てきています。

能力の高い人の方が、チャレンジする傾向が強いように見えます。

そんな起業することによって、得られることと失うことがあります。

得られるのは、何と言っても時間の自由です。平日の朝から晩まで時間に縛られる生活から解放され、自分のペースで仕事をすることができます。

平日にゆっくり休んで、休日にがっつり仕事をしたり、日中寝ていて夜になって気が向いたら仕事をすることも可能です。

平日に観光地に行けば、休日は大行列の場所でもガラガラです。ホテルや旅館も安い価格で簡単に予約が取れ、サービスも良かったりします。休みの日に混雑している観光地に行くのが本当に馬鹿らしくなります。

時間の自由こそ、自分で仕事をする人の最大のメリットだと思います。

一方で、大企業を離れて失うものもあります。一番は、お金の自由です。

サンサン/写真AC

仕事が安定するまでは、収入が減ることも珍しくなく、定期的な給料はもうありません。来月いくら稼げるかわからない生活というのは、慣れるまでは落ち着かないものです。

それ以上に、大企業を離れて失うものは、「お金を借りる力」です。会社員なら、1億円以上簡単に借りられる人も珍しくありません。ところが、会社を辞めた瞬間から1円も借りられなくなる。これは、結構衝撃的なことです。

金融機関は本人の能力ではなく、その人の肩書に借していることがよくわかります。

いずれ、事業が軌道に乗れば、サラリーマン時代とは比べものにならないくらいお金は借りられるようになります。

ただ、それまでには時間が必要です。だから、会社を辞めるなら、その前にお金を借りられるだけ借りた方が良いのです。

起業して失うものより得るものの方が大きい。だから、リスクは取った方が良い場合が多いと思います。でも、辞める前にやっておくべき事は、しっかりやっておきましょう。

ている無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年12月17日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

過去の記事

ページの先頭に戻る↑