経済3団体共催2020年新年祝賀パーティーにメルカリも初参加

2020年01月16日 06:00

年明けの1月7日、経団連(中西宏明会長)、日本・東京商工会議所(三村明夫会頭)、経済同友会(櫻田謙悟代表幹事)の経済3団体が都内のホテルで「2020年新年祝賀パーティー」が開催され、メルカリ取締役会長の小泉文明 とともに参加してきました。

会場には3団体の会員代表者の皆さんや安倍晋三総理大臣はじめ政財界の要人、大使館関係者ら約1,800名が出席し、賀詞交換が行われました。

来賓として参加した安倍総理からは、全世代型社会保障改革や日本独自の粘り強い外交などの必要性のほか、「日本が世界の真ん中で輝ける年にしていきたい」との抱負が語られました。

【経団連タイムス】経済3団体が新年祝賀パーティーを開催 -安倍首相があいさつ「日本が世界の真ん中で輝ける年に」

「経済3団体共催2020年新年祝賀パーティー」と聞いても多くの方はイメージしにくいかも知れませんが、新年早々に、多くのテレビ番組などで、大手企業の経営者の皆さんがフリップを持って新年の経済予測などを語っている様子を目にしたことがあるのではないかと思います。

この日も会場の入口外は多くの報道関係者で賑わっており、会長の小泉も多くのインタビューを受け、当日翌日の多くの番組でコメントが放送されました。

デジタル技術を活かし、人間的で幸福な暮らしの実現と社会課題の解決を ―経団連会長新年メッセージ―

経団連会長の新年メッセージでも、「2020年を迎えるにあたり、わが国成長戦略の要であるSociety 5.0をしっかり社会実装していく決意を新たにしている。デジタル技術の強みを活かして、より人間的で幸福な暮らしを実現し、社会課題の解決を図っていくことでSDGsの達成に貢献することができる」、「分野横断的な活動を展開するデジタルトランスフォーメーション会議の議論を進め、新たなルールづくり、制度改革の方向性を積極的に打ち出していく。産業構造の変革を進め、新たな挑戦を促す競争環境の整備にも果敢に取り組んでいく」と語られていました。

日本の経済界において今年はデジタル化による経済成長は大きなテーマでもあり、メルカリもこのテーマで貢献していけるよう、政策企画チームもサポートして行きたいと思います。(高橋 亮平)

merpoli公式SNS:ツイッター「@merpoli_jp」Facebookページ


編集部より:このエントリーは、メルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」の2020年1月15日の記事より転載させていただきました。掲載を快諾いただいたメルカリグループに感謝いたします。オリジナル記事をご覧になりたい方は「merpoli」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
merpoli
メルカリグループが送る政策企画分野の情報発信媒体

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑