#とるだけ育休 をなくそう

2020年02月05日 15:00

半年前に『僕たちは育児のモヤモヤをもっと語っていいと思う』(自由国民社)という本をリリースした。これが奇妙な「広がり方」をしている。

商業出版で13年で40冊くらい書き。発行部数ベースでこれまで50万部以上の本が市場に届き。ただ、私の著者力もあるが、年々、出版業界の厳しさを肌で感じ。ここ数年は、初版の部数が明らかに少なく。この本は歴代ワースト3の初版発行部数。

「あぁ、ダメだ、オレ、オワコンだ」
と思ったのだが…。

評価は高く。本の内容に関連した取材依頼、番組出演依頼が殺到している。いや、本当に。全国紙のインタビュー、何回受けたんだろう。ラジオにも何度も出た。

でも、本は、売れない。

まあ、こういう時代なんだろう。
本屋さんも減っているし、お財布にシビアだし。

いや、お願い、買って。

さて。

今日もこの件でネット番組に出演。Facebookライブ中継

この社会運動関連。

思ったことを思ったように話す。

もちろん、とるだけ育休から何かが変わるという見方もあるだろう。議論の交通整理をしたいと思う。

よろしくね!


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2020年2月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑