クレジットカードは「ステイタス」より「利便性」

2020年02月06日 11:30

アメリカンエキスプレスのプラチナカードを使っています。会員限定イベントやコンシェルジュサービスなど、お金に換算できない特典も多く、満足しているのですが、理解できないサービスの1つが、金属製のメタルカードです。

1つのアカウントに2枚のカードが送られてきます(写真)。1枚は普段使いの普通のプラスティックのカードですが、もう1枚は金属製のずっしりと重みのあるカードで、専用のボックスに入って送られてきます。

しかし、この金属製のカードは、特殊な材質なのでお店で読み取れないリスクがあり、しかも重くて持ち歩きに適さないので、結局ずっとケースに入れたまま自宅に放置してあります。

使わないだけで良いなら大した問題ではありません。しかし、アメリカンエキスプレスのサイトにログインしたりするときには、プラスティックカードの情報で手続きしようとするとスムースに出来ないことがあります。金属製のカードが本カードで、プラスティック製がサブという位置付けになっていることが原因のようです。だから手続きの際に、箱に入った金属製のカードを取り出さなければなりません。

メタルカードはステイタスシンボルとしてのサービスなのでしょうが、このカードをリアルに使っている人は、果たしてどのくらいいるのでしょうか。

かつては、会計の時にゴールドカードで支払うのが恰好良いという時代もありました。しかし、クレジットカードでステイタスを語る時代は終わりました。クレジットカードは利便性で選ぶのが当たり前になっています。

アメリカンエキスプレスは加盟店の数がビザやマスターに比べ少ないというデメリットはありますが、コールセンターの対応のクオリティが高く、高額の決済への対応もスムースです。

ステイタスを目的にするのであれば、手続きを混乱させるだけで使うことのないカードの枚数が増えてしまうメタルカードサービスより、もっと他のやり方があると思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年2月6日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑