年利9.05%の米ドル外貨預金は「買ってはいけない」

2020年02月11日 11:30

年利9.05%という高利回りの外貨預金の広告を見つけました。

とある証券系銀行が、外貨預金の残高5000億円突破記念で実施しているキャンペーン金利のようですが、よく見ると昔ながらの「トリック」が隠されています。

年利9.05%といっても、適用されるのは1ヵ月定期だけです。そして1米ドルあたり為替手数料が、片道最大50銭かかります。

よく見ると、金利の下のほうに小さな字で計算例が書いてあります。

例えば、1万ドル預けた場合の受け取り金利は10,000ドル× 9.05% × 30日÷365日× 79.685% = 約59.27ドル(税引き後)となっています。

これだけなら、悪くない外貨運用商品かもしれません。しかし、もし為替手数料が片道50銭なら、往復で1円。つまり、10,000ドルの外貨預金に、為替手数料が10,000円かかることになります。

だからこのキャンペーン金利で、1ヶ月だけ運用した場合、為替が円高に変動しなくても、元本割れしてしまいます。

利回り9%以上と聞けば、高金利の預金と思ってしまいがちですが、期間が短く、為替手数料が高ければ、その魅力は消えてしまいます。

このような、リスクの割にリターンの低い「カモ商品」をお得な商品だと勘違いしないためには、金融リテラシーを高めていく必要があります。手数料を含めた計算をしてみれば「買ってはいけない」ことはすぐにわかるはずだからです。

未だに日本の個人投資家の多くは、商品内容よりも、販売している会社のブランドや信頼で商品購入してしまう傾向があります。

大手だから安心、金融機関は信用できる、といった考えを改め、自分で判断できる能力を身に付けるようにしたいものです。

<お知らせ>今週から、ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなくご覧いただけます。是非ご登録ください。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年2月11日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑