槇原敬之は世界に一つだけの花である 配信を停止するな

2020年02月13日 18:30

2020-02-11 10.09.24

メタラーであり、ロックな生き方をしているが、実に幅広い音楽を聴く。今日は、クルマの中でRADIOHEADと、Floating Pointsを聴いていた。邦楽ももちろんチェックしており。こう見えて、槇原敬之も聴く。

先程、クルマから降りてスマホをチェックしたら、槇原敬之が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたとの報道があった。彼は前にも逮捕されている。正直、動揺しているが、ひたすら冷静に捉えたい。

まずは推定無罪の原則に基づき、事態を見守る。「それ見たことか」という話ではなく、復帰を見守る。

そして、これに合わせた音源の配信停止などは、ぜひ慎重に判断して頂きたい。今回の件と作品は冷静に切り分けて考えたい。彼に限らず、私たちは世界に一つだけの花なのだ。落ち着こう。

しかし、どうして、どうして、こういうタイミングに芸能人が逮捕されるのかね。

槇原敬之公式サイトより:編集部


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2020年2月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部准教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑