コロナウィルスのピンチを「投資のチャンス」に変える方法

2020年02月23日 11:30

<お知らせ>【登録もうすぐ800名】2020年2月から、ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。


日本経済新聞の報道によれば、ホテル型リートの基準価格が大きく値下がりします(図表も同紙から)。

例えば、昨年末との比較では、インヴィンシブル投資法人は17%、いちごホテルリート投資法人も16%、ジャパン・ホテル・リート投資法人が14%下落しています。物流施設やオフィスビルに投資するリートは、ホテル型とは逆に値上がりしています。

これは言うまでもなくコロナウィルスの広がりによって、ホテルの稼働率が低下し、収益面へのマイナスが織り込まれているからです。

しかし、今後コロナウィルスの拡大が一段落すれば、いずれ宿泊客も戻り、稼働率も上昇に転じるはずです。

きなこもち/写真ACか

現在の日本国内の報道は、コロナウィルスに対し過剰な反応ではないかと思います。患者数も死亡者数も圧倒的に多い季節性インフルエンザよりも、大きなリスクであるかのような錯覚が生まれています。

もちろん、新型ウィルスには未知の部分もあり、今後の注意を怠ってはいけません。また、資産運用に絶対はありませんし、私はマーケットタイミングでは投資を行いません。

しかし、現状のホテルリートの値動きは、過剰な悲観が織り込まれて、割安に購入できるチャンスに見えてきます。

リートだけではありません。個別の民泊物件の売却の持込も増えており、宿泊ビジネスから撤退する人たちも出てきているようです。撤退する宿泊施設が増えれば、競争環境が改善され、これもプラスの要因になります。

コロナウィルスの連日の報道を見て、悲観的になるのではなく、逆にそこにチャンスが無いか考えてみる。

大切なのは、人と同じことをするのではなく、「脱・横並び」です。みんながピンチと思っている状況は、自分自身の考え方次第で、チャンスに変えることができるのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年2月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

過去の記事

ページの先頭に戻る↑