メルカリカンファレンスに経団連の中西宏明 会長がメッセージ

2020年02月28日 06:00

2月20日(木)、メルカリは、初となる事業戦略発表会 「Mercari Conference 2020」を開催しました。

f:id:merpoli:20200223065512j:plain

カンファレンスでは、「メルカリ日本事業」の今後の戦略として、「パートナー企業との連携を通じた出品施策の拡大」と、「データ連携を通じた一次流通と二次流通の融合」についての発表となり、多くのパートナー企業との連携を紹介しました。

また、カンファレンスには、経団連の中西宏明 会長からも応援のメッセージをいただきました。

今回は、こうした企業との連携をいくつか紹介するとともに、中西 会長からいただいたメッセージを紹介します。

■「Mercari Conference 2020」公式サイト

f:id:merpoli:20200223065540p:plain

今回紹介するのは、とくに大手企業との連携となった3点です。

1つ目は、株式会社丸井との連携で、ワンストップで出品が可能な「メルカリ」初のリアル店舗「メルカリステーション」を展開します。

出品経験のない潜在顧客層へのタッチポイント拡大を目的に、ワンストップで出品体験を提供する「メルカリステーション」を新宿マルイ本館に今春オープンします。「メルカリステーション」では、「メルカリ」の使い方を学べる「メルカリ教室」、出品したい商品の写真撮影、梱包資材の購入と梱包、不明点をカスタマーサービスに質問できるライブチャット、商品を投函するだけで発送できる「メルカリポスト」を設置し、2021年夏までには全国主要10都市での展開を目指します。

丸井が運営するマルイ店舗やEC「マルイウェブチャネル」と「メルカリ」のデータを連携したソリューションの検討にも取り組みます。

f:id:merpoli:20200223065657p:plain

2つ目は、ヤマト運輸株式会社との連携で、ユーザーが無人で発送可能な投函ボックス「メルカリポスト」を全国5,000か所に設置します。

この「メルカリポスト」では、「メルカリ」で商品が売れた後、アプリに表示されるQRコードをかざすと自動で発送ラベルが印刷され、貼付した商品を投函するだけで発送が完了します。今春から「メルカリステーション」への設置を予定しているほか、今夏からは、「メルカリ」のお客さまの生活導線上、人口密集地を中心に設置を開始し、2023年までに全国5,000か所への設置を目標とします。

また、パナソニック株式会社と連携で、「メルカリポスト」の進化版として、「メルカリ」の利用・発送に便利な機能をテクノロジーを活用して実現する、次世代型ワンストップ端末「メルカリポストプラス」の開発・展開も今春発表予定です。

f:id:merpoli:20200223065716p:plain

3つ目は、NTTドコモとの提携に関する今後の構想の発表です。

今月業務提携を発表したNTTドコモとは、5月には「メルカリID」と「dアカウント®」のIDを連携し、将来的にはdポイント加盟店での購入履歴を「メルカリ」と連携することで、購入した商品をより簡易に「メルカリ」に出品できることを目指します。また、全国のドコモショップに「メルカリポスト」や梱包資材の設置を拡げていき、「メルカリ」の出品・梱包・発送を一括して提供してまいります。

f:id:merpoli:20200223065849j:plain

「メルカリ」初の事業戦略発表会となった今回のカンファレンスでは、経団連の中西宏明 会長からもビデオメッセージをいただき、力強い応援をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「MERPAY CONFERENCE 2019_SEP.」の様子については、以下から動画でご覧になれます。

※中西宏明 経団連会長からのメッセージは1:23:25から

中西宏明 経団連会長からのメッセージ

経団連会長の中西でございます。

メルカリConference 2020の開催おめでとうございます。

メルカリ殿には2018年12月に経団連にご入会いただきました。入会の当初より「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」を日本の経済界をはじめ広く世の中にアピールされたいと熱く語っていただきました。日本の経済界を代表すると自認している経団連にメルカリ殿のような、新たな主張を掲げた元気のある企業が参加していただけるのは、大いにありがたいと率直に申し上げたことを明確に覚えております。

経団連はデジタルの世界が産業の基盤を根本的に変えていくとの認識のもと、デジタルトランスフォーメーションを推進し、その推進によって日本が抱える社会課題を解決することを目指そうとしています。それが政府の政策コンセプトでもある、Society 5.0でもあります。この活動は往々にしてこれまで日本が強みにしてきた製造業の効率化が主題でしょうと言われます。それはそれで大事なことであると言えますが、私はこれが主題だとは思っていません。

それは個々の企業の経営陣がどう考え行動するかも課題ですから、経団連はできるお手伝いはしますけれども本当の狙いはメルカリ殿がうたっているような新たな価値を生み出す産業をどんどん起こすことです。それを追求する産業構造が変わっていくだろうと思いますし、それを通じて新たな価値が生み出され日本の競争力強化につながる信じております。

フリマアプリ「メルカリ」でその一端を開かれたメルカリ殿の今後のさらなる発展に心から声援を送るとともに実ビジネスを展開していく上で様々に発生するであろう課題や制約への挑戦をご一緒に考え解決していけたら、素晴らしいと思います。メルカリカンファレンス 2020には多くのパートナーの方々も参加されると聞いています。活発な議論の中から大きな事業発展の機会を見出してください。

改めましてカンファレンスの成功とメルカリ殿、並びにパートナーの方々のご発展と成功を祈ります。

 メルカリ政策企画は今後も積極的に発信していきます

中西宏明 経団連会長からのメッセージにもあるように、メルカリは、2018年12月に経団連に入会しました。

今回のビデオメッセージは、入会から日々の経団連の様々な活動を担ってきた政策企画チームにとっても非常に感慨深いものになりました。

メルカリが経団連に入会しました(merpoli)

フリマアプリ「メルカリ」は、2013年7月のサービス開始から6年半で、月間利用者数は1,538万人、年間流通総額は4,900億円を超え、2020年1月には累計出品数が15億品を突破するなど、日本最大のフリマアプリへと成長しました。

グループ全体の従業員数も1,800人を超え、今回のカンファレンスでも多くの企業との連携を発表しましたが、今後はさらに伝統的な大企業等との連携も増えていくとも予想されます。

その意味でも今回、こうして中西会長からメッセージをいただけたことは、大きな追い風になったのではないかと思います。

非常に多忙の中にも関わらずビデオメッセージを寄せていただいた中西宏明 経団連会長には本当に感謝いたします。ありがとうございました。

ビデオメッセージでいただいたご期待にも応えていけるよう、私たちも引き続き頑張っていきます。

(高橋 亮平)

merpoli公式SNS:ツイッター「@merpoli_jp」Facebookページ


編集部より:このエントリーは、メルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」の2020年2月27日の記事より転載させていただきました。掲載を快諾いただいたメルカリグループに感謝いたします。オリジナル記事をご覧になりたい方は「merpoli」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
merpoli
メルカリグループが送る政策企画分野の情報発信媒体

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑