なぜ「金融のプロ」の予想は当たらないのか?

2020年03月14日 14:00

今週のマーケットの変動は非常に激しいものでした。金曜日のニューヨーク株式市場はそれまでの下落から1.41点して史上最高の上昇となりました。

この展開を予想する事は、誰にもできません。それが証拠に、本日の日本経済新聞電子版に「金融のプロ」の予想が出ています(図表も同紙から)。

例えば、メガバンクのチーフ・マーケット・エコノミストの人が、「向こう3ヶ月は1ドル98円から107円程度で推移する」と予想しています。しかし、すでに昨日の取引は1ドル108円台となっています。9円も幅を持たせて予想したにも関わらず、一日でそのレンジを外れてしまった。何とも間抜けなコメントになってしまいました。

写真AC:編集部

私は、このようなことを書いて、特定の「金融のプロ」をディスりたいわけではありません。そうではなく、そもそもこのような予想をすることは、どんなに優秀な人間であってもできないと言いたいのです。

相場を一方向にピンポイントで当てにいって、暴落を予想したり、底値をあてに行ったりするのは不可能です。

ところが、この手の相場になると、自分の暴落の予想が当たったなどと自慢げに話している人がいます。それは単なる「まぐれ」です。吹聴している人がいたら、その人は信頼しない方が良いでしょう。次はきっと外すからです。

資産運用マーケットとは、人間の知能で予測できるほど、底の浅いものではありません。それを自分が予見できると考えるのは、マーケットに対する冒涜です。

わからないものとどうやって付き合うのか。それを考えるのが資産運用の醍醐味です。

いずれにしても、この手の予想をあてにするのはもうやめましょう。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年3月14日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑