文春砲は限りなく強烈だが、今、安倍内閣を吹っ飛すわけにはいかない

2020年03月19日 06:00

想像していたとおりだったが、週刊文春がここまでしっかり書いてくれたことに敬意を表したい。

亡くなられた近畿財務局の職員の方のご冥福を改めてお祈りする。
文春砲という通り名に相応しいスクープである。
遺書という形でしか告発できなかった故人の無念が突き刺さる。

普通ならば、ここで安倍内閣の命運が尽きるところだろうが、今はパンデミックで世界的に非常事態。しばし政治的な争いを棚上げして、救国のために、与野党、力を合わせなければならない時だろう。

リーマン級ではない、という声もあるが、海外渡航を全面禁止にしたオーストラリア政府のようにこれからも国境封鎖に踏み切る国が相次いで出てくると、世界の経済の歯車が大きく狂うことは間違いない。

どこまで頼りにしていいのか分からないが、今は、安倍内閣が吹っ飛んでしまって日本の政治や経済が大混乱になる事態だけは避けるべきである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2020年3月18日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑