スタバとドトールのコロナ対応の違い

2020年03月28日 14:00

コロナウイルスの感染者急増から、東京都が不要不急の外出自粛を要請。週末臨時休業するお店と通常通り営業しているお店に分かれています。

自宅の下にスターバックスコーヒーがあって、毎朝コーヒーを飲みながらブログを書いたりするのが日課なのですが、この週末は2日とも臨時休業。ところが、隣にあるドトールコーヒーショップは通常営業しています。いつもと違うお店に入って、ついレタスドッグまで頼んでしまいました(写真)。ゆるい糖質制限をしているのに朝から大失態です。

スタバは、既に今週後半から、店内の座席配置を変更して、座席間隔を広くして、座席数を減らしました。来店者同士の距離を取る対策です。また、トイレのハンドドライヤーも使用中止にして、ペーパータオルを備えるようにしています。ドトールコーヒーショップは今朝も、椅子の配置は通常通り。トイレにはハンドドライヤーとスタバとは対照的でした。

同じコーヒーショップでも随分対応が違うものです。

自粛要請を受けて、お店の営業をするかしないかは、それぞれの会社が決める「大人の対応」ということになっています。

経営側としては、スタッフの健康問題もありますし、営業しても売上が見込めないから休業するという選択をしたところもあるでしょう。

逆に社会インフラとしての必要性を考慮し、営業しなければならないと判断したところもあると思います。

自粛要請を出すことによって、外出を控える人は増え、営業を取りやめるお店も出てきますから、感染拡大防止に効果があるのは間違えありません。

しかし、この自主性に任せるというやり方だと、要請を受け入れ自粛する正直者がバカを見ることになってしまいます。休業する店舗は、飽くまで自主的な判断ということですから、休業による損失には何の保証もなく、売り上げが減るだけです。

不要不急の外出を控えるべきというのであれば、不要不急の商品やサービスを扱っている店舗は、強制的に休業させるのが筋だと思いますが、法的な強制力の問題やそれに伴う補償のコストなどを考えての判断なのでしょうか。

何とも日本的なコロナ対策。今日もまた東京都の新たな感染者数が増えないか心配です。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年3月28日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

過去の記事

ページの先頭に戻る↑