新型コロナ:千代田区の特設サイト情報発信も困った問題あり

2020年04月09日 06:00

先に書いたように厚生労働省・東京都の特設サイトのアクセシビリティ対応も問題だが、千代田区の特設サイトにも多くの問題があった。

特設ページの「区民の皆さまへ」「新型コロナウイルス感染症について心がけていただきたいこと」をクリックして飛んだページに「新型コロナウイルス感染症の予防について」というPDFが掲載されている。今日はこのPDFに絞って問題を指摘する。

Adobe Acrobat Reader DCというもっとも利用されているPDF閲覧ソフトには、読み上げ機能が備わっている。これを使って読み上げる。

まずは上部。キャプチャ画像に①、②などと書き込んだが、その順番に読んでいく。最初に「「手洗い」と「咳エチケット」が大切です!」、それから「手洗い」。その後にPDFのタイトルである「新型コロナウイルス感染症の予防について」を読み上げる。これでPDF作成者の意図が伝わるだろうか。

PDF上部のキャプチャ画像

読み上げは続く。5番目に「マスクの正しい着用」、6番目が「*マスクは咳などの症状がある場合に使用しましょう。」、7番目が「発熱等の風邪症状が見られる場合…」である。

しかし、キャプチャ画像に⑧と振ったマスクの付け方・外し方の画像は読み上げない。これでは、読み上げ音声から情報を取得する人には正しいマスクの付け方・外し方は伝わらない。

PDF下部のキャプチャ画像

次にPDFの下部。最初に①「どこに相談しればよいの?」で、次にページ一番下の②「千代田保健所健康推進課感染症対策係」。これでは「感染症対策係に何でも相談してください」と伝えているようなものだ。

3番目に「以下のどちらかに該当しますか?」の枠の中を読み上げ、④は「はい」、⑤は「いいえ」。「はい」と「いいえ」を連続して読み上げるので、「はい」なら「新型コロナ受診相談窓口」で、「いいえ」なら「電話相談窓口(コールセンター)」に仕分けたいというPDF作成者の意図は全く伝わらない。

最後にキャプチャ画像で⑧と付けたところ。「TEL:0570-550571(多言語・ナビダイヤル)FAX:03-5388-1396(聴覚障害ある方など)」と連続して読み上げて、「多言語・ナビダイヤル」は0570に電話し、聴覚障害ある方などはFAXを03-5388に送ると理解できるだろうか。「(聴覚障害ある方など)FAX:03-5388-1396」などとPDFに書いておいたほうが、わかりやすかった。

千代田区の特設サイトは障害者への情報発信の重要性を意識していない。しかし、公的機関から正確で最新の情報が入手できなければ、その障害者は感染の危険にさらされる。千代田区にも至急の改善を求める。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
山田 肇
ICPF理事長、東洋大学名誉教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑