オンラインでコミュニケーション不足解消したメルカリ政策企画チームの「ゆるふわサロン」の取り組み

2020年04月15日 06:00

先日、『メルカリ政策企画チームも在宅勤務(WFH)実施中。経団連等でもリモート会議を実践』でご紹介しましたが、政策企画チームも各自在宅勤務を継続しています。

在宅勤務開始から1ヶ月以上が経過し、slackやオンライン会議を利用した在宅勤務のメリットや可能性も感じる一方、オンラインだけで毎日会議が続く中でのコミュニケーションの難しさ、オフィスでの雑談のようなフランクなコミュニケーションが減ったことの影響なども同時に感じていました。

また、4月1日に政策企画チームに新メンバーが加わったのですが、メルカリでは、こうした新入社員のオンボーディングについても全てオンラインで実施しています。

こうした中で、日常的にオフィスで行っていたコミュニケーションのうち、どうしたらオンラインでも近い形で実践できるかということを考え、取り組みを始めました。

今回紹介するのは、取り組みの第一弾として、政策企画チームで導入した「ゆるふわサロン」です。

いわゆる雑談など社内にいるような対面でのコミュニケーションを行なうことを目的に、政策企画チームのメンバーであれば、参加も出入りも自由なオンライン雑談スペースを「ゆるふわサロン」と称して平日夕方に毎日はじめました。

この時間は、みなカメラをオンにして、ノーメイクでもお構いなしで、フリートークを繰り広げています。やはりオンラインでもメンバー同士の表情が見えると安心しますしホッとします。

こうした取り組みは、メンバーの心理的な安全性の確保など、当初想定していた以上に効果を発揮しているように感じます。

政府による緊急事態宣言によって、多くの会社で在宅勤務に移行しており、オンライン会議は今後も広がっていくと思います。

一方で、これまでのコミュニケーションで積み重ねてきた信頼や関係性ゆえに成立している部分も多く、オンラインのコミュニケーションにおいても、どう信頼や関係を深めて一定期間を超えるとコミュニケーションにも問題をきたす可能性もあるのではないかと考えており、こうした取り組みや実験も、参考になればと思い、紹介することにしました。

政策企画チームでは、先日、チームオフサイトもオンラインで実施しました。

今週行うオフサイトでは、チーム全体で行うオンラインMTGの時間と、チーム内でもさらに少人数にグループ分けをして、ディスカッションしやすい環境を積極的に創っていくことなども考えています。

メルカリや政策企画チームの中でも試行錯誤ではありますが、在宅勤務での課題は、コミュニケーションに限らずまだまだ多くあると思います。

自宅にいながらも普段に近いコミュニケーションがとれるよう、日々気持ちよく業務にあたれるよう、今後も様々な取り組みを考えて実践していきたいと思います。

(佐々木 愛)

merpoli公式SNS:ツイッター「@merpoli_jp」Facebookページ


編集部より:このエントリーは、メルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」の2020年4月14日の記事より転載させていただきました。掲載を快諾いただいたメルカリグループに感謝いたします。オリジナル記事をご覧になりたい方は「merpoli」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
merpoli
メルカリグループが送る政策企画分野の情報発信媒体

過去の記事

ページの先頭に戻る↑