中田宏が「うちで踊ろう」をやってみると・・・

2020年04月15日 16:00

新型コロナウイルスで全国的に自粛が続く中、歌手で俳優の星野源さんが「うちで踊ろう」という歌を作りました。この曲に歌手や様々な著名人が一緒に歌ったり、踊ったり、メッセージを送ったりしています。

そんな中、安倍総理もこの曲に合わせて自宅で静かに過ごしている様子をTwitterにアップしました。配信された内容は、ゆったりソファでくつろぎ、犬を抱いたり、読書したり、コーヒーを飲んだりしている映像です。しかし、総理の意に反してこの映像が炎上してるんですね。「セレブ的で不快だ」というような批判だったりしますが、人それぞれの過ごし方があるわけですから、何でも批判するのは嫌いですけれども、総理の方もちょっとセンスがなかったかもしれないなとも思います。

さて私はと言えば、テレワークをしたりもしていますけれども、この機会だからできること、日頃できないことをやるようにしてます。例えば資料の整理をしたり、古いDVDを見たりとかです。そして家では、以前から愛用している6kgのダンベルと腹筋ローラーを使って運動しています。それから、以前にも言いましたが、とにかく風邪をひきたくないので、1年中、徹底的に手を洗っていますが、その手洗い回数を増やしています。ということで、今日はそんな私のリアルな家での過ごし方を星野源さんの「うちで踊ろう」にしてみました。

手洗いのベテランを自認していますが、参考になればと思います。

それから、新型コロナウイルスで献血活動が縮小されて血液が不足しています。出産や小児がん、そして新型コロナの治療「ECMO(たいがいしきまくがたじんこうはい)」にも、血液が必要なんです。献血は不要不急の外出ではありませんので、近くで献血活動をやっていないか調べて、ぜひご協力をお願いします。

詳しくは、献血 日本赤十字(http://www.jrc.or.jp/donation/)でご確認ください。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2020年4月15日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

過去の記事

ページの先頭に戻る↑