オンラインイベント『データ活用と連携でコロナと戦う』

2020年04月22日 20:50

写真AC

新型コロナウイルスの感染拡大により働き方や行政のあり方も変化しています。今回の一連の事態の中で改めてデータ利活用の有用性を示した事例がある一方、個人の位置情報トレースなどパーソナルデータの公的利用という視点の議論も始まっています。テレワークや遠隔医療、行政の電子手続きの重要性が再認識され、時限的とはいえ大きな改革の兆しとなりつつあります。

そこで、感染拡大対策と収束後の経済復興に向けて、データ活用の視点から課題や今後の取り組みについて各分野の専門家を交えた議論を行い、自民党デジタル社会推進特別委員会への提言を取りまとめることを目的にオンラインでフォーラムを開催します。

主催:データ流通推進フォーラム(DTA)

連携:情報通信政策フォーラム(ICPF)

プログラム:

  • 第1回 4月27日11:30〜 COVID-19と戦うデジタル社会の政策 自由民主党 平井たくや
  • 第2回 4月28日12:00〜 COVID-19とパーソナルデータ JILIS 鈴木正朝
  • 第3回 5月1日 12:00〜 COVID-19後のインターネットの行方 慶應義塾大学/DTA 村井純
  • 第4回 5月8日12:00〜 医療データと公益 WEF 藤田卓仙
  • 第5回 5月11日12:00〜 COVID-19対策で変わる行政手続き ICPF 山田肇
  • 第6回 5月12日12:00〜 マイナンバー活用とCOVID-19 JILIS/DTA 板倉陽一
  • 第7回 5月15日12:00〜 自治体におけるデータ活用と今後(オープンデータ) 東京都 平井則輔
  • 第8回 5月18日12:00〜 AIホスピタルでコロナと戦う(仮)  SIP・AIH 中村祐輔
  • 第9回 5月19日12:00〜 COVID-19対策と今後の国際連携 理研  原山優子
  • 第10回 5月22日12:00〜 政策提言とりまとめ DPC 奥井規晶

開催方法:Cisco Webex 参加申込いただいた方にアクセス方法をご案内します。

参加申し込みはこちらへ

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
山田 肇
ICPF理事長、東洋大学名誉教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑