メルカリ、在宅時間を豊かにする出品1点につき10円を新型コロナウイルス感染対策へ寄付開始!

2020年04月28日 06:00

メルカリは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛要請の長期化を受け、在宅時間の充実に寄与する「メルカリ」の出品1個につき10円をメルカリが寄付する「Stay Home & Share Smiles」プロジェクトを2020年4月27日より開始しました。

メルカリ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の長期化を受け、寄付プロジェクト「Stay Home & Share Smiles」を開始

社内横断で進められたこのプロジェクトには、政策企画チームも参加し、メルカリが社会のために、いま何ができるのかを議論しながら準備を進めてきました。

外出自粛の要請や緊急事態宣言の発令に伴い、自宅での過ごし方が変化したことで、身体的・精神的な負担を抱える人の増加が懸念されています。こうした現状において、暮らしに必要なものや自宅での生活を少しでも豊かにするものを必要な方に届けること、また自身には不要になったものを売ってお金をつくるお手伝いをすることが、私たち「メルカリ」というマーケットプレイスができる社会貢献だと考え、今回「Stay Home & Share Smiles」プロジェクトを開始しました。

是非、多くの方々にこのプロジェクトに参加していただければと思っています。

「Stay Home & Share Smiles」プロジェクトは、「おうち時間に笑顔を」をテーマに、お客さまのご自宅にある不要になったものを出品していただくと、出品1個につき10円をメルカリが寄付先に寄付するプロジェクトで、2020年4月27日から5月27日まで実施します。(上限5,000万円に到達次第終了予定)

「おうち時間を少しでも笑顔で過ごすことができるもの」をテーマに、【おもちゃ・ホビー・グッズ】、【本・音楽・ゲーム】、【インテリア・住まい・小物】、【家電・スマホ・カメラ】のカテゴリーのものを是非、ご出品ください。

f:id:merpoli:20200427184421j:plain

このプロジェクトには、「メルカリ」のアプリ内のバナーまたは「あなたへのお知らせ」より「Stay Home & Share Smiles」特設ページへアクセスし、「参加する」ボタンを押すことで参加ができます。

寄付先については、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で困難な状況に陥ってしまった方の生活面でのサポートや、子供たちの心と体の健康を維持するためのサポート、医療機関や医療従事者へのサポートなど、迅速な支援を要する社会課題で、かつ行政や民間の支援が十分に行き届いていない分野に取り組む活動への寄付を検討しています。

筆者は、メルカリ入社以来、こうした寄付の活動をメルカリを通じて行えないかと、検討準備を行ってきました。今回は、その第一弾になりますが、メルカリ政策企画としても、様々な形で社会に対して提案していければと思っています。

メルカリは、今後もフリマアプリ「メルカリ」を通じ、社会に貢献する取り組みを継続してまいります。

(高橋 亮平)

メルカリの、これまでの新型コロナウイルスに関する取り組みは以下のサイトをご覧ください。

新型コロナウイルスに関するメルカリグループの取り組み

merpoli公式SNS:ツイッター「@merpoli_jp」Facebookページ


編集部より:このエントリーは、メルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」の2020年4月24日の記事より転載させていただきました。掲載を快諾いただいたメルカリグループに感謝いたします。オリジナル記事をご覧になりたい方は「merpoli」をご覧ください。

 

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
merpoli
メルカリグループが送る政策企画分野の情報発信媒体

過去の記事

ページの先頭に戻る↑