大東駿介さん応援!無益な「ならない論」やめません?

2020年06月05日 14:01

昨日、女性セブンに俳優の大東駿介さんの告白が掲載されましたが、

この記事を読んで、大東さんを「クズ」と叩く人たちが結構いるので、「いや良く読みました?天にツバ吐いてますよ?」と聞きたいところです。

記事によると大東さんは、

大東は、小学3年生のときに父が、中学2年生のときには母も蒸発したネグレクト家庭で育った。一人っ子で頼る人がおらず、空腹を満たすため、自宅に残された小銭で駄菓子を買い、その金が尽きると、学校で担任から菓子パンをもらうなどして飢えをしのぐという壮絶な体験をしていた。その後も、伯母に育てられるなど家庭環境に恵まれていたとはいえない。

とのことで、これは本当に辛い体験でいらしたなと思います。
この原家族との記憶があって、普通の家庭を築くことが恐かったという心理、充分理解できます。

そもそもこの記事の書き方にも問題があって、わざと煽ろうとする悪意がミエミエですが、大東さんの結婚のあり方に何の問題があるのでしょうか?

籍も入れてるし、もちろん生活費だって渡していたでしょうし、ただ単に別居を選んだってことで、奥さんが納得してるならそれでいいじゃないですか。

そんなこといったら、平気でガンガン単身赴任させるような日本企業はどうなるんですか?家庭を引き裂くブラック企業ってことになりますよね。

大東駿介さん(Wikipedia)

ある本で読みましたけど、確かドイツだったかと思うんですけど、「単身赴任なんてまず引き受ける人がいない」とのことでしたが、日本なんて昔から「亭主元気で留守がいい」という言葉がある位、別居の方が楽という人だっているじゃないですか。単身赴任万歳!と思ってる主婦なんていっぱいると思いますよ。

案外、大東さんの奥様だって、「え~、別居してた方が楽なのに、同居すんの~?」と思ってるかもしれないのに、なんだこの短絡的思考、決めつけは?とおもいますね。

水川さんとのロマンスだって、もう先方も幸せな結婚されてるんですから、むしろこんなことまで書く記者の方が、人格を疑います。

で、何よりも腹立たしいのは、Twitterなどで誹謗中傷する人のうち
「生い立ちが不幸でも、まともに生きてる人はいる」
「生い立ちが壮絶でも、ならない人はならない」
という理屈を言う人ですね。こういう「ならない論」いい加減やめません?

依存症問題でもトラウマなど抱えている人が多いですが、
「過去にトラウマがあっても、生い立ちが不幸でも、みんな薬物なんか使わない」
「親が依存症で、反面教師にして頑張る人もいる」
「生い立ちのせいにするな」
って偉そうに声高に叫ぶ人たち、迷惑だから本当に黙って欲しいですね。

薬物依存の人には、なんらかのトラウマ体験を抱えている人が多いのは事実だし、アルコールの親を持った人が反面教師にして、ギャンブル依存になった仲間もいますよ。生い立ちを振り返ったら、回復したって人はそれこそ沢山いますよけど?って感じです。

「ならない人もいる」って当たり前じゃないですか。
我が家なんか、ものすごい糖尿病家系で叔父も叔母も祖父母も全員糖尿病。しかも若年性なんですね。でもうちの母だけ全然食事なんか気をつけていない人ですけど発症しなかったんですね。

リスクファクターがある程度解明されている病気だって、そういうもんじゃないですか。
ならない人もいるけど、それは単なる偶然に過ぎない訳ですよ。

生い立ちになんらかの困難があって、子供として受けられる当たり前のケアが与えられなかった人の中には、なんらかの生きづらさを抱えている人が多いということもまたれっきとした事実です。

だからメンタルケアの一つの手法として、「過去を振り返る」ってことはよくやります。
認知行動療法しかり、12ステップしかり、インナーチャイルドワークなんかもそうですよね。
生い立ちを振り返り、自分の生きづらさの要因を発見し、そこから解放されるってとても重要なことなんです。

そもそも辛かった過去を振り返るだけで、やりたくないことですし、そこに要因があったって気づけるだけでも、すごく素直な人、柔軟な人なんですよね。

しかも大東さん、過去を振り返って、生き方を変えよう!と思って、それを実践したんですから、何の文句があるんですか?どこが「クズ」なのでしょうか?

「生い立ちのせいにするな」「ならない人はならない」というのは、自己責任論を強化させ、うつ病や依存症といったメンタルの病に追いやられた人たちの回復を阻害します。

「過去のせいにせず、頑張らねば!」多くの人はこう思っています。
だからこそその間違った思い込み、いい加減偉そうに振りかざすのやめてもらえません?

人を「クズ」と貶め、自分は立派な人間だと、声高に叫べるのは気持ちいいですか?
だとしたらあなたも相当病んでますよ。まず、ご自分の生い立ちを振り返った方が良いです。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
田中 紀子
公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑