歌舞伎町の風評被害は地域から打ち破る

2020年06月06日 16:00

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

第二回定例会では、新型コロナウイルス感染症と水商売について質問を予定しています。

事業形態から新型コロナウイルス感染症の影響の大きな業種の一つだと考えています。

連日新宿区や繁華街(特に歌舞伎町を指すこと)に関して、行政の情報発信やメディアによる報道が行われ、新宿区民として大変残念に感じています。地域のみなさまも風評被害については気にされていることでしょう。

議会・行政の責任であり大変申し訳なく思っています。

新型コロナウイルス対策にむけて歌舞伎町の事業者のみなさまは取り組みをされています。

今後は、批判的に取り上げることはやめていただきたいと思いますし、気にする必要はまったくありません。

信頼回復のために、地域や新宿社交料理飲食業連合会さん、そして新宿区で連携をし、対応を進めていくことが必要になります。

安全な営業のために、感染症の専門家と連携したガイドラインの策定など、取り組みも民間を中心に始まっています。行政が民間へご協力できるよう関係を構築していくことが大切です。

さらに、行政が対策を実施する場合も、事業者に届かなければ意味がありませんので、実態把握や連絡体制が不可欠となります。

昨日は、関連するニュースがありました。

新宿区「早期収束を」官民一体で繁華街のコロナ対策(日刊スポーツ)

質問自体はすでに提出してしまいましたが、官民連携についての質問も書いていたので、議論の中心になるかと思います。

ちょうど歌舞伎町のみなさまと区長との意見交換が行われていたようです。
今後、具体的に何をするかが重要ですが、民間との連携について前向きなご答弁をいただけることに期待しております。

それでは本日はこの辺で。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑