自民党は、河井夫妻の逮捕による政権への衝撃をどう緩和する?

2020年06月19日 06:00

編集部撮影

自民党を離党したと言っても、つい一昨日までは自民党に所属していたことは間違いないのだから、いくら大物ではないと言っても、党にはそれなりの衝撃はある。

昨日逮捕された衆議院議員の河井克行氏は、安倍総理の側近の一人で、安倍内閣で法務大臣に選任されたくらいだから、少なくとも安倍総理には任命責任がある。

同じく逮捕された参議院議員の河井杏里氏は、厳しい選挙戦になることが分かりながら、自民党執行部が強引に擁立した候補者で、自民党総裁である安倍総理はじめ安倍事務所の秘書たちが河井杏里選対に張り付いて必死の選挙戦を展開してようやく当選させた候補者であるから、その具体的な選挙運動は自分の与り知らないことだ、などと嘯くことも出来ないことは明らかだ。

総額1億5000万円もの巨額の選挙資金を党本部から二人の選挙区支部に拠出しているのだから、逮捕容疑となった選挙買収など自分たちには関りのないことだ、などと強弁しても、世間の人は耳を貸さないはずである。

老獪な二階幹事長が河井夫妻の逮捕の衝撃を何とかして和らげようとあれこれ工作しても、限界はある。

検察当局がどこまで捜査の網を拡げるかに懸かっていることだが、自民党の党本部にまで強制捜査の手が伸びるようだと、さすがの安倍総理も進退を問われるようになる。

まずは、収賄側の地方議員が何人逮捕されるか、自民党本部にどの程度捜査の手が伸びるか。
さらには、勾留延長がなされるか、起訴がいつになるか、等でこれからの流れが大きく変わることになる。

どうやら、二階幹事長の役割が実に大きそうである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2020年6月18日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑