金融機関の人よりロボットが信頼されるわけ

2020年06月23日 06:00

金融庁のいう顧客本位のもとでは、例えば、投資信託の販売に関して、金融機関は顧客の「資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズ」を把握していることが前提だとされる。しかし、金融機関が正面から質問して、正しい答えが得られるとは考えられない

そもそも、顧客の資産状況を聞くことなど、商業の常識に反していのであるが、金融機関の常識、世の非常識から、どの金融機関も、大真面目に質問票作成し、何の疑問もなく顧客に記入を強制するのである要は、形式だけの顧客本位なのである。

真の顧客本位においては、「資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズ」について顧客に直接に質問することではなくて、逆に、そのような質問をすること自体が顧客本位に反していると気づくことが求められ。質問せずして、「資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズ」を知るには、どうしたらいいのか、それを考え、そこに創意工夫をすることが商業の基本なのある

その商業の常識に即したものは、例えば、ロボットである。これは、「資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズ」を顧客自身が入力することで、最適な投資信託の組合せを提案するものである。こうすれば、顧客は、金融機関にうるさく聞かれる煩わしさから解放されるわけである

注目すべきは、金融機関の人に対面で聞かれても答えないのに、ロボットには答えると仮定されていることである。つまり、顧客は、必ずしも自分の利益にならない営業を仕掛けてくると思うので、金融機関の人には情報を提供しないのに対し、ロボットは口もきかないし、手も出さないので、安心するわけである

この点、金融機関が顧客本位たり得ないことについて自覚的であり、顧客本位なロボットを開発して代置させることは大変にいいことが、より重要なことは人間のほうを顧客本位に改造する努力ではあるまいか。

森本紀行
HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
HC公式ウェブサイト:fromHC
twitter:nmorimoto_HC
facebook:森本紀行

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑