現職都議がみる都知事選~候補者紹介④~

2020年06月28日 06:00

こんにちは、東京都議会議員(町田市選出)のおくざわ高広です。

東京都知事選の期日前投票、前回よりも多いようですね。

密を避けるためにも、期日前を利用したいという方は、こちらから投票所が確認できます。

 

—————

さぁ、候補者紹介、どんどんいきましょう!

届出番号10 関口安弘候補

無所属、建物管理業、明治大学中退

公式HP:なし

初めて見ました、この向きで書いてある選挙公報…ちょっと向きを変えてみましょう。

政策というよりは、現在の国政や都政に対する評価という内容になりますでしょうか。自身も高齢者ながら、若者への予算を増額しようという点には好感が持てます。

届出番号11 押越清悦候補

無所属、NPO代表、石川県・松任農高

公式HP:http://liferelax.blog.fc2.com

NPO法人集団ストーカーテクノロジー犯罪被害者の会の代表として、同じ悩みを抱える方々の代表として、石川県から上京して都知事選に立候補しています。

ご存じない方も多いと思いますが、知事や市長の被選挙権(立候補する権利)について、どこに住んでいるのか(住所要件)は定められていません。
※都道府県議会は立候補する都道府県、区市町村議会は立候補する区市町村に3か月以上継続して居住することが必要。

日本の首都である東京都知事の影響力に鑑み、全国から名乗りをあげる人がいるのも一興ですね。

届出番号12~14は一気にご紹介しましょう!

届出番号12 服部修候補

ホリエモン新党公認、ミュージシャン、東京成徳大学
公式HP:なし

届出番号13 立花孝志候補

ホリエモン新党公認(NHKから国民を守る党推薦)、元参議院議員、大阪・信田高校

公式HP:なし

届出番号14 さいとう健一郎候補

ホリエモン新党公認、飲食店経営、奈良産業大学

公式HP:なし

一人しか受からない都知事選に公認候補が3名という奇策。

都知事選への立候補も取りざたされた堀江貴文氏の著書「東京改造計画」に記された緊急提言を掲載し、選挙ポスターも堀江貴文氏の写真を用いる(服部候補、さいとう候補)など、そもそも、この選挙に勝とうとも負けようとも思っていない、評価軸の見えない方々をどう評せばいいのか…

また、立花孝志候補は、NHKから国民をも守る党の党首としても有名ですが、なんと、都内には12名もの区市町村議会議員がいます。

これは、東京維新の会15名に次ぐものであり、今の政治不信の受け皿として一定の集票があるのか。

✔注目ポイント

もはや選挙制度そのものをぶっ壊しに来ていると思われるなか、どんな奇策が飛び出してくるのか。もし投票日前日に立花氏以外の2名が立候補を取りやめたら、それまでのホリエモン票はどこへ入るのか。

別の候補と違った意味で、目の離せない勢力です。。。

——————

次回は15〜18までいきます。お楽しみに!

立候補者一覧はこちらから!

選挙公報はこちらから!

未来への無料チケットを使おう!

—————————————–

キラキラ誰もが産まれてきて良かったと思える社会をキラキラ


編集部より:この記事は、東京都議会議員、奥澤高広氏(町田市選出、無所属・東京みらい)のブログ2020年6月23日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はおくざわ高広 公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
奥澤 高広
東京都議会議員(町田市選出、無所属 東京みらい)

過去の記事

ページの先頭に戻る↑