中国共産党員を入国禁止、トランプならやりかねない --- 古森 義久

2020年07月22日 11:30

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

米国のトランプ政権が中国との対決姿勢を強めるなか、中国共産党の党員とその家族の米国への入国を禁じるという大胆な措置を検討していることが報道された。

トランプ政権はこの報道を是認も否定もしていない。だが最近のトランプ政権の中国共産党政権に対する強硬な言動をみると、そんな措置も十分に考えられる状況だといえる。中国側ではこの報道を受けて、外務省報道官が「(事実だとすれば)哀れな措置だ」と反発した。

中国共産党と中国国民を区別

ニューヨーク・タイムズ(7月15日付)は「トランプ政権が新たな大統領命令により中国共産党の党員とその家族の米国入国を全面禁止する措置を検討している」と報道した。この措置がもし実現すれば米中関係の歴史でも最も過激な動きとなり、すでに深刻な関係悪化をたどっている両国を決定的に離反させることは確実である。

続きはJBpressで

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑