人の足を進めるのは...五輪開幕するはずだった日に新たにした決意

2020年07月26日 06:00

こんにちは、東京都議会議員(町田市選出)
無所属 東京みらい おくざわ高広です。

たらればの話をしてはいけないのかもしれませんが、新型コロナが広がることがなければ、7月24日から東京2020オリンピックパラリンピックが開幕していたのだと思うと、やるせない気持ちになります。

昨日の1年前イベントでは、競泳選手の池江璃花子さんが出演し、アスリートの立場から、スポーツが「希望の灯」になることを願う「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO 2020」が出されました。

病と闘いながらも、ご家族やご友人、医療従事者の方々などに支えられ、あらためてスポーツのすばらしさを深く理解し、競技に復帰する池江さんの姿に共感し、感動した方も多いと思います。もちろん私もその一人です。

ここで、私の座右の銘をご紹介します。

「人の足を進めるのは、希望ではなく意志。人の足を止めるのは、絶望ではなくあきらめ。」

これは、私の好きなマンガの一つである「ARMS(作・皆川亮二)」に出てくる言葉なのですが、希望や絶望という周囲から与えられるものに左右されることなく、自らの頭で考え、自分で足を動かせととらえており、厳しい環境に置かれたときに自分を奮い立たせるときに言い聞かせています。

1年後の開催へ準備を重ねる「東京2020+1」ですが、新型コロナを乗り越えた先にある明るい「希望」として輝き続けるのでしょうか。それとも、新型コロナを乗り越えることができず「絶望」へと変わってしまうのでしょうか。

今のところ、誰にも分かりません。

しかし、ひとつだけ言えるのは、一人でも多くの命を救おうと限界を超えて働く医療従事者の方々がいます。

ワクチンや治療法の開発に向け、昼夜を問わず研究を続ける方々がいます。

社会生活を維持するために働く福祉や生活インフラの方々がいます。

スポーツのみならず音楽や芸術など、暗い心に明るい灯をともす方々がいます。

経営が苦しくとも、社員やその家族の暮らしを守ろうと努力を続ける方々がいます。

将来の見通しに不安があっても、日々を懸命に生き抜こうとする方々がいます。

こには決して書ききれない、数多くの人たちが、自らのステージで、必死に毎日を生きています。

その足を進めているのは、希望ではなく意志なのだと思います。そして、逆境においても強い意志をもって前に進もうとする姿に人は感動し、明るい希望を感じるのだと思います。

東京2020+1が、アスリートの皆さんの強い意志の表れであるように、私も政治家として、これからの東京や政治のあり方を構想し、一人でも多くの方の希望となれるよう、意志をもって進んでいきます。

 

4連休はインプットを多めに。


編集部より:この記事は、東京都議会議員、奥澤高広氏(町田市選出、無所属・東京みらい)のブログ2020年7月24日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はおくざわ高広 公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
奥澤 高広
東京都議会議員(町田市選出、無所属 東京みらい)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑