安倍総理の体調に異変?!一部野党の過度な批判、側近のズレた忖度はいずれも間違い

2020年08月18日 11:30

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

先週あたりから「安倍総理の体調が悪いのではないか?」という噂が流れていた中、安倍総理が長時間に渡り病院に入ったということで、17日の永田町界隈はバタバタと色々な怪情報が乱れ飛びました。

「最長任期を達成した8月24日以降に安倍総理は退任、麻生副総理を代行にして解散総選挙だ!」

なんて気の早い話も…。

こうした中で、体調不良や「休みを取ること」に対して過度な批判が一部野党議員・有識者から上がっている現状には非常に強い違和感を覚えます。

国会を開いていないことに異議はありますし、記者会見も行うべきだと思います。

しかしだからといって、「休むな、休むくらいなら辞任しろ!」というのは行き過ぎた罵倒であり、政敵とは言えライバルに対する敬意が感じられません。

「結果を出してないんだから、休むなんて言語道断!」

という論調がトップに対してまかり通れば、それこそ一般社会にも「休みたいのに(周りの目を気にして)休めない」というブラック企業体質を招くことになります。

当然のことですが、これらの政策論争や政治活動と体調・休暇は切り分けて考えるべきであり、重い責任を背負うトップだからこそ「休むときは休む、楽しむときは楽しむ」という姿を見せていただきたいと思います。

一方で、「安倍総理は頑張っているんだから」という過剰な忖度もどうかなと思います。

これが事実だとすれば、安倍総理は焦りからか危険な状態に陥っていることが推察されます。

当然のことながら、昭和のモーレツ時代のように根性論・精神論の世界で「休まないで働くこと」が努力の証として評価される時代ではなく、大事なのは「成果」です。

その成果をあげるためにも休むこと・体調管理はトップの大切な仕事の一つです。

麻生大臣「健康管理も仕事」診察受けた安倍総理に(テレ朝news)

この点では、麻生大臣の述べていることが正しいと思います。

甘利議員は世間からのバッシングから総理をかばおうと、「休まず努力している」ことをあげてしまったのだと思いますが、これはこれでややもすると

「とにかく休みなく頑張ろう。そうすれば努力くらいは評価されるかも…」

という風潮を招くことになりかねません。

側近であればやはり、「頑張っていることのアピール」よりも「成果を出すためにも、休める環境づくり」を進めていただきたいと感じる次第です。

岡目八目で色々と申し上げましたが、何よりもコロナ対応に予断を許さない状況の中、総理が戦線を離脱するようなことがあれば流石にマイナスの方が遥かに大きいと私は思います。

「つかの間の休息」は明日18日までと報じられておりますが、もう少しまとまった休みをしっかりと取ってもらって、万全な体調とクリアな頭脳で臨時国会の開会・政策論争に臨んでいただくことを期待するものです。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年8月17日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑