河野太郎官房長官なら、官邸官僚の居場所はなくなる?

2020年09月04日 06:00

自民党のテレビジャックがどの程度成功するのか見極めたいところである。

マスコミが報道しているとおり、自民党総裁選の大勢は決まった。

結果が分かっている自民党総裁選をマスコミがどの程度追いかけるのか、見ものであるが、今回の総裁選には幸いにも石破さんも岸田さんも名乗りを上げてくれて、自民党の各都道府県連ではそれぞれ予備選挙を実施する運びになっているようだから、現時点ではそれなりにオープンな選挙戦になりそうである。

2日行われた自民党本部総裁選挙管理委員会(自民党サイト:編集部)

150名近くの自民党の国会議員が党員投票の実施を要求したというのもいい。

党員投票を実効性のあるものにするためには、自民党の中だけでの閉じられた空間での演説会だけでなく、プレスクラブや青年会議所主催のテレビ入り合同演説会ないし候補者討論会などが開催されて、3人の候補者の政策なり所信を広く世間に公開した方がいい。

自民党サイト:編集部

予備選挙が実施されることによって自民党の今回の総裁選挙が密室における各派閥による談合選挙だ、などという誹りを免れるようになった。

二階派と菅官房長官だけの話し合いですべてが決まってしまったような印象が大分薄くなったのはいいことである。

まだ何が起きるか読めないところがいい。

どこかでどんでん返しがあるかも知れないぞ・・。そう、思わせるところがあるのがいい。

この度の自民党総裁選挙は、やはり絵になる。まだまだ何が起きるか分からない・・。

ひょっとしたら、河野太郎氏が菅内閣の官房長官になるかも知れないぞ。菅さんは、安倍内閣の守り神、守護神みたいなところがあったが、河野太郎氏が官房長官になったら官邸の雰囲気がガラッと変わるかも知れないぞ・・。

ツイッター:編集部

幹事長が誰になるかも分からない。

代わり映えがない、などとは思わない方がよさそうだ。

主導権争いは、世の常だが・・・

二階派だけに美味しい思いをさせないぞ、と、皆さん、思っておられるのだろう。

昨日の細田、麻生、竹下合同記者会見は、菅政権の先行きが決して平坦でも磐石でもない、ということを端的に示唆しているのだと思う。

いざとなったら細田、麻生、竹下の三派で菅政権の足元を引っ繰り返すことが出来る、という一種の示威行為だったのだろう。少なくとも、二階さんに対する牽制にはなったはずだ。

さて、二階さんがどう逆襲するか。

麻生さんと二階さんの間に何かしら亀裂が生じたようである。

安倍内閣には菅さんという仕切り役がいたが、菅内閣ではどなたが菅官房長官の役回りを引き受けるか。これが、実に難しい。

ここを上手に乗り切れれば、菅さんの長期政権の可能性もゼロではないが、菅さんには菅さんがいない、というのが菅さんの最大の弱味かも知れない。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2020年9月3日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑