れいわとN国:絶望的に勝算がないはずだが、さて、どうする?

2020年09月22日 06:00

現時点での世論調査を見る限り、れいわ新選組やN国党には勝算はない。

立憲民主党や国民民主党はそれなりに議席を獲得するだろうが、れいわ新選組とN国党には議席獲得の望みはほぼない。

それでも衆議院選挙に挑戦するのだろうか、などと思ってしまうのだが、れいわ新選組もN国党もそれなりに候補者を擁立するはずだ。

実は、それが理に適っている。

既に両党とも政党助成法上の国政政党の要件を備えているのだから、政党助成金をそれなりに受け取るためには国政選挙でそれなりの得票をし続ける必要がある。勝算はなくとも、それなりに成算はある、ということである。

N国党の立花さんはこの種の計算が得意なようで、泡沫政党になってもおかしくなかったN国党を立派な国政政党に仕立て上げることが出来た。

立花孝志氏YouTubeチャンネル:編集部

色々な政治団体があるが、N国党は今や立派な組織政党であり、立花氏には政党の立ち上げ者としてそれなりの経営感覚なり経営理念がある、と言っていいだろう。

れいわ新選組の方は、私が見ている限りでは、どうもその種の経営感覚なり経営理念はなさそうだ。

れいわ新選組YouTube:編集部

山本太郎氏は立派な政治的アジテーターではあるが、立花氏と比較すると行動が場当たり的で、如何にも本能に突き動かされて行動しているように思われる。誰かに操られそうな危うさをどこかに持っている、と言ってもいいだろう。

しかし、れいわ新選組は現職の参議院議員を2名も擁する立派な国政政党であり、山本太郎氏のアピール力は群を抜いているから、勝算は乏しくとも衆議院選挙に候補者を擁立するはずである。

私は、それでいいと思っている。

れいわ新選組なりN国党が本領を発揮することが出来るのは、2年後の参議院選挙。

そう思って、今から準備することである。

支持率が相変わらず1パーセント前後の新・国民民主党も然り。2年後の参議院選挙が本番だと思って、今からしっかり準備することである。

目先の結果に右往左往しないことである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2020年9月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑