トランプ大統領への「忖度」が招いたこと

2020年10月17日 06:00

田原総一朗です。

アメリカの大統領選挙には「オクトーバーサプライズ」が付き物らしいが、10月2日に飛び込んできた、「トランプ大統領コロナ感染」のニュースには、ほんとうに驚いた。

田原氏、トランプ氏(Skidmore /flickr)

いったい大統領選はどうなるのか。
10月4日放送の「激論!クロスファイア」では、アメリカの政治事情に詳しい早稲田大学教授の中林恵美子さん、笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄さんにとことん話を聞いた。

興味深かったのは「マスク問題」だ。
アメリカでは、日本では考えられないほど「マスク」をすることに抵抗のある人が多く、政治論争のタネとなっているという。

中林さんは、「トランプがマスクをしないから、側近たちも気を使ってできない。マスクをしないことが、トランプへの忠誠の象徴になってしまっている」という。結果的にそれが、ホワイトハウス内での感染につながってしまったわけだ。上司に「忖度」するのは、どの国も同じようである。

渡部さんの話で興味深かったのは、「トランプは、実は指導力がない。ポピュリストだ」という点だ。
トランプの支持層には、マスクをするのは「弱虫だ」といってしない人が多い。結局トランプは、そうした支持層に迎合してマスクをしないのだという。

今後のトランプの作戦としては、「『コロナを克服した起死回生の大統領だ』という強さを見せつけるカードしかない」と中林さんはいう。なるほど、その言葉どおり、トランプは5日に超特急で退院し、「20年前より調子がいい!」と、健在ぶりを見せつけている。

それにしても、第一回目の討論はひどいものだった。トランプ大統領は、バイデン氏が話している途中、73回も横やりを入れた。これも実は作戦だというのが、両氏の見方だ。一生懸命討論しても酷評される。だったら、討論会を見て、
「ああくだらない。興味を失った」と多くの国民に思わせることを狙ったのだという。つまり投票に行かない人を増やすのだ。

日本でいえば、いわゆる「浮動票」が入らないと、自民党が強いのと同じだ。かつて、「天気が悪い方がいい」と言った大物自民党議員もいた。

アメリカ通の2人に話を聞いてもトランプ大統領という人間は、やはり何を考えているかわからない。
なんとも不可思議な大統領である。

いったい選挙戦はどうなるのか。
菅政権としては、バイデン氏のほうがつきあいやすいだろう、というのもお二人共通の見方であった。

11月3日の大統領選まであと半月。
引き続きトランプ、バイデン両氏の動きを注視していく。

最後に私の本を紹介したい。
タイトルは、『90歳まで働く―超長生き時代の理想の働き方とは?』。

90歳まで働く――超長生き時代の理想の働き方とは?
田原 総一朗
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2020-09-18

 

私はフリーランスであり、86歳の今も現役だ。
タイトルどおり90歳になっても、現役で働きたいと思っている。

しかし会社員にとって平均寿命がどんどん延びる「超長生き時代」は、定年後の生き方が難しくなる時代だ。
好奇心、教養、人脈、そして目標――。
この4つの資産は、定年後の人生において、非常に大切なものだと思う。

私はこの4つの資産を活かせるよう、「自分磨き」を実践してきた。
読者のみなさんが今後いきいきと働く、何らかのヒントになるのではないかと思う。


編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2020年10月16日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑