石破氏の政権批判「封印」報道に「今更」…ヤフコメ荒れる

2020年10月19日 06:00

先の自民党総裁選で最下位に終わった石破茂氏が、菅政権に対する批判を「封印」し、路線転換を図った、とする時事通信の論評記事が18日、ネット上の波紋を呼んだ。

この記事を配信したヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)は

芯のない人だなぁ。今の状況だと、自民支持の人達からも野党支持の人達からも信頼されないんじゃないの?

「自分はこうしたい」「自分ならこうする」という意思を全く感じない。

今更、次の総裁選の為の支持票集めに注力するより、政治家としての信念を貫いた方が良いと思う。

などと辛辣な批判や呆れた声が続々と書き込まれ、上位に表示された。

石破氏は安倍政権時代の後期、アンチ安倍の勢力に持ち上げられる場面が目立っていたが、この報道に元朝日新聞記者のジャーナリスト、佐藤章氏はツイッターで、「石破は自分の道を自分で閉ざそうとしてる」などと“懸念”を示した。

これに対し、アゴラでおなじみの八幡和郎氏はFacebookで、「朝日新聞やテレビに出られなくなっても関係ないしそうしたほうがいい。」と“歓迎”。ただ、あまりの方向転換には「もしかすると、総理から少し甘いこと言われたのかも。安倍前首相は考え方の合わない人は相手にしないが、菅首相はもっと戦略的だからありえないことでもない。」などと皮肉気味に分析していた。

朝日新聞やテレビに出られなくなっても関係ないしそうしたほうがいい。だいたい、諸外国でも現職を党内で批判して取って代わるのに成功するのは現職がよほどダメなときだけで極めて例外的だ。しかし、もしかすると、総理から少し甘いこと言われたのかも。安倍前首相は考え方の合わない人は相手にしないが、菅首相はもっと戦略的だからありえないことでもない。

八幡 和郎さんの投稿 2020年10月17日土曜日

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑