開成番長の勉強術:過去問演習大逆転合格法

2020年11月13日 06:00

こんにちは。個別指導塾テスティー塾長の繁田和貴です。

taka4332/iStock

今回は、受験で合否を分けるカギとなる過去問対策で、最大限の成果を発揮するために知っておいてほしいコツをお伝えします。過去問演習をしっかりとやり込むと、模試では偏差値が足りない学校へも逆転合格が可能です。

今回の記事は「永久保存版」として保存しておき、ときどき読み返してくださいね。

さて、過去問に限らず勉強全てに言えることですが、できるようになるためには「復習」が不可欠です。人は「忘れる生き物」だからです。ただ何となく授業を聞いただけでは、1週間も経てば頭に残っていることは1割くらいになってしまうでしょう。

では、その復習はいつやったら良いのでしょうか?

今回お伝えするのは、その復習をするべきタイミングについてです。

まず、大原則として、復習は「ある程度間をあけてする方が良い」というのが私たちの脳の仕組みです。よく「忘れないうちに復習しましょう」という先生がいますが、それは半分正解・半分間違いです。

確かに時間をあけすぎて「すっかり忘れた」ころに復習するのはよくありません。しかし、習ったばかり・解いたばかりのものをバッチリ覚えているうちにすぐにやるのもまた、復習の効果は低くなるのです。

簡単にまとめると、復習は「忘れかけ」のときにやるのが最高!ということになるのですね。

ところが、そうすると問題が発生します。「忘れかけ」っていったいいつなのでしょうか?

1日後とか3日後とか決まっていればわかりやすいのに、「忘れかけ」って言われても判断に困りますよね?

そう、「忘れかけ」のちょうど良い最高のタイミングで勉強するのって、とても難しいのです。でもこれはあなたのお子さんにとって良い知らせでもあります。なぜなら、周りのライバルたちにとってもまた難しいことで、ちゃんとできている子はほとんどいないからです。

だから、お子さんがこれを実行できるようになれば、成績は短期間でグッと伸びて、逆転合格ができるのです。

では、あらためて「忘れかけ」かどうかはどうやって判断したら良いのでしょうか?

実は、最終的には「自己判断」ができるようになります。

それを示す教育心理学の実験にこんなものがあります。

隠れアイヴィーリーグと言われるバーナードカレッジのLisa K. Son准教授が2009年にこんな実験を行いました。31名の大学生の実験参加者たちに、難しい単語60語を記憶させました。各単語を学習した後に、学生たちに「すぐに復習」「あとで復習」のどちらかをさせました。

3分の2の単語は学生たちがすぐに復習するかあとで復習するか選べましたが、残りの3分の1の単語は学生たちが選択したものとは反対の方法が強制されました。

その結果、「あとで復習が良い」と思ったものを「すぐに復習させる」と学習効果が大きく下がることがわかりました。「ちゃんとわかっているから、すぐにやらないであとでやろう」という自己判断は、わりと信頼できるということですね。

「すぐに復習が良い」と思ったものを「あとで復習させる」と学習効果が少しだけ上がることもわかりました。いずれにせよ、間をあけて復習した方が成果があがるように思えます。

ただ、この実験であけた間隔は、「復習するものの中で後ろに回す」という程度なので、それほど時間が経ってはいないと考えられます。もしあける間隔を「数日」とか「数週間」にすると、おそらくグッと下がるんじゃないかと思います。

意味がよくわかっていないことは、忘れるのが早いというのもまた脳の特徴ですからね。

こういった「自分がわかっているかどうかを自己判断する力」は、大学生くらいだとわりと信頼できるとわかりました。未就学児の子にはまだありません。

小学生から中高生くらいにかけて育っていくわけですね。ですから、小学生の中にはまだ未熟な子も当然います。

そういう子は、「わかったつもり」になっているだけで、本当はわかっていなかったということを頻繁にやらかします。そして、復習までの間隔をあけすぎて、気付いたときにはすっかり忘れてしまいます。

もったいないですよね。

だからそういった子は、わかっているかどうかの判断を手伝ってあげながら、徐々に正しい「わかったの感覚」を教えてあげる必要があるんですね。

私たちテスティーでは、これを「ステイライン」と呼び、指導をするうえでとても重視しています。効率の良い勉強をするうえでの基盤になるからです。ぜひお子さんにも身につけさせてあげてください。

miya227/iStock

正しい自己判断の感覚に基づいて、「そろそろ忘れかけだからもう一度解いて復習しておこう」という判断ができるようになると、効率の良い最短距離の学習ができます。解いた過去問がばっちり力として定着します。もちろん普段の塾の授業の復習や宿題でも同じです。

本人のその感覚が未熟なら、お父さんお母さんがフォローして最高のタイミングを教えてあげましょう。そうすれば、他の受験生たちをどんどん追い抜くことができます。ぜひ成績をグングン伸ばして、憧れの第一志望の学校の合格をつかんでくださいね。

それでは!


☆無料体験授業・無料相談のご案内☆テスティーでは体験生を募集しています。 体験までの流れは、お問い合わせ⇒無料学習相談⇒無料体験授業となります。 お子様の教育にお悩みでしたら、→こちらのフォーム←よりお問い合わせください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑