大阪維新の会新代表に吉村府知事選出:平均年齢44歳の新四役で改革の歩みは止まらない

2020年11月22日 06:00

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

先ほど大阪維新の会・全体会議において代表選挙が行われ、吉村洋文・大阪府知事が新代表に選出されました。

私もネット中継で終始拝見させていただきましたので、その模様をお伝えしたいと思います。

まず注目された選挙については、対抗馬が出たことで信任投票にはならず選挙戦になりました。

出馬してくださったのは、片山一歩・大阪市議。3期を務める吉村府知事の当選同期です。

片山一歩候補の主張は、

・諦めずに三度目の都構想住民投票にチャレンジを(次の衆院選では市長と府知事が辞職してダブル選挙で民意を問う)
・議員報酬(身を切る改革)のあり方を再議論
・トップダウンからボトムアップの組織へと改革

ということで、わかりやすい対立軸が並んだのではないかなと思います。

結果は…

投票総数244

吉村洋文候補 232
片山一歩候補 11
無効 1

ということで、大阪維新の会の新代表は吉村洋文・大阪府知事に決定しました。

立候補者が出て投票が行われたことで、改めて議論が深まったと思います。片山一歩候補、本当にありがとうございました!

そしてご注目いただきたいのは、新役員の人事・世代交代です。

代表:吉村洋文(45)
幹事長:横山ひでゆき(39)
政調会長:守島正(39)
総務会長:岡崎太(53)

平均年齢は44歳となり、大きく若返ることになりました。特に幹事長は、これまで大阪維新を一手に担ってきた偉大なる今井豊府議(64)から大胆にバトンタッチです。

「若すぎる、経験値が足りない」
「求心力が低下して、組織がバラバラになるのでは」

という心配もあると思います。しかし、若いということは突破力・柔軟力に長けるということでもあります。

他党の例を見ると、菅総裁の誕生に伴い、自民党の新執行部は平均年齢が71.4歳であることが話題となりました。

平均年齢71.4歳、全員男性。菅義偉総裁と自民党4役が揃って会見

地域政党とはいえ、「西の与党」である政党が大胆な世代交代を成し遂げたということは、政界の価値観に大きな一石を投じるメッセージになると思います。

大阪維新は人材の宝庫、若手に続き女性など、次々に次世代のエースが誕生していくことでしょう。

大阪都構想という「看板政策」をいったんは失い、新しい旗印を立て直すということは並大抵のことではありません。

しかし、今日の吉村新代表の決意表明や、横山新幹事長を始めとする新執行部の顔ぶれをみて、必ずやこの若いメンバーなら成し遂げられると確信をしています。

大阪維新代表に就任の吉村氏「ワン大阪実現したい」

そして地方自治・大都市政策を改善していくためには、立法措置が必要になる局面が必ずきます。

私は国政維新の立場から改革の火を絶やさぬよう、改めて自分の役割に邁進をして参ります。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年11月21日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑