医師会の無責任な態度は開業医制度の危機を招く

2021年01月08日 17:00

コロナについて私は日本の医療界批判をしているが、開業医(診療所だけでなく私立中小病院も含む)を狙い撃ちにして批判するつもりはない。医師会の主力が開業医であることから、今回の日本医師会会長や東京都医師会長のいささか困った当事者意識のない上から目線の暴言の数々には同意できないが、あれは、開業医の総意でなく、あの二人の個性だろうと考えている。

shironosov/iStock

そもそも私は開業医制度を高く評価している。気軽にかかれるし、経験豊かな医師が多く、患者との関係も安定しているので、短時間に要領よく仕事をこなし、コンビニと似た良さがある。ある意味で日本的な知恵の発露である。

自治医科大学附属さいたま医療センターの讃井將満・副センター長も、「この医療モデルのおかげで、例えば風邪でもすぐに病院にかかれるという、諸外国ではあり得ないアクセスの良さも生まれていた」という。

しかし同時に、非常時に医療資源をフルに活用しようとすると、融通の利かないシステムだと思う。

慶應義塾大学の夏野剛・特別招聘教授は「日本の医療は“平時”に最適化されてきた」という。上記の讃井氏も、「有事になった場合はこれをガラっと変えられるような仕組み作りや準備が必要だった」「コロナ患者を診る病院は一部だけとなり、対応できる医療従事者も、そこで働いている人に限られてしまっている」といい、夏野氏は、「今回のような“非常時”には個人開業医ができることはほとんどなく、病院の勤務医たちが対応」するしかないとする。

そして、夏野氏は私が年末来、糾弾しているのと同じように、「確かに日本の病床数は世界ナンバーワンだ。しかし他国に比べて一桁、二桁少ない感染者数で医療崩壊が起きてしまう」としている。

讃井氏は「この構造的な問題は分かっていたはずだし、医療が逼迫した自治体に都道府県をまたいで医療従事者を移動させるような政策をもっとしっかりやってもらいたかった」という。(参照:“平時”に最適化しすぎたシステムと医師会が背景に? 他国より少ない患者数で医療崩壊が起きるワケ ABEMA TIMES)

しかし、開業医や中小の病院がこの危機に指をくわえて何もしないのはおかしいと思う。また、何もできないなんてありえない。

私は医師会などが先頭にたって開業医も協力しようと促すべきだと思う。同様のことをFacebookにも書くと、私のタイムラインには、開業医の人たちが、「私の患者さんに迷惑かけてコロナの手伝いなどできない」「経営がタイへンだから嫌だ」と平気でぬけぬけとおっしゃっている。

だとすれば、非常時に弱い開業医(中小病院含む)システムを抜本的に見直し割合を減らすしかなくなってしまう(診察報酬などでも厳しく扱うとか、医療予算を開業医や中小病院には振り向けずに、かなりの割合のクリニックや中小病院の閉院を促すということである)。

そんなことになるはずないと油断慢心している開業医の極楽トンボの気が知れない。今はまさに日本的な開業医や中小病院の存在意義が問われているときであって、自分たちの診療所や病院を守りたければ、批判されるようなことのないように、必死になって頑張るべき時なのである。

讃井氏は、「私立病院に対してはお願いをすることしかできないが、これも補助金や空床補償をした上でしっかり病床を確保する、そして感染対策のトレーニングも普段からやっておく、そういうことも必要だったと思う」というし、夏野氏は、「医学部の新設も、既存の医師たちの反対で認められにくい」「短期的にはコロナ対策の議論が重要だが、落ち着いた後は長期的な視点に立った医療制度の問題も考えた方がいい」といっているが、讃井氏のいっているようなことは、今からでも何も遅くないのである。

それから、医師会が自分たちの努力もしないで楽に対応できる以上のコロナ感染者を出さないために、経済も人のつながりも文化も何もかも犠牲にしてでも感染者を増やすなと言うのは、電力会社が夏に自分たちの発電能力を超えて電力を使わないようにレストラン営業も高校野球も冷房もやめろと言うようなものだ。

あるいは、公務員が残業をしなくて済む範囲しか申請を出しに来るなと言うようなものだと思う。自分たちも最大限頑張ってやれるだけのことをやるので皆さんも協力してくれと言うのが普通の社会人の言うことではないだろうか。

コロナ対応の病床を増やすと2000万円もらえるそうだが、より効果的にするには、飴と鞭の両方が必要である。都道府県の要請にもかかわらず協力しない病院は名前を公表するとか金銭的負担をさせるとかも併用してこそ、効果がある。飲食店の名前公表よりよほど正当性がある。

日本医師会のHPで国民に宛てて、コロナ患者の治療にあたっている医療従事者に寄付をお願いしているが、会員に向けてコロナの患者の治療を手伝える医師を募るとか、自分で手伝えない医者にこそ寄付するように呼びかけたらどうか。日本でいちばん金持ちである医者が寄付せずに、なんで他の仕事の人間が寄付する必要があるのか。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑