「アゴラ」正式サービス開始にあたって

2009年04月01日 00:00

世界をおおう経済危機について、さまざまな政策論争が闘わされています。今回の特徴は、その論争の主な舞台がウェブだということでしょう。それも新聞や雑誌のサイトだけでなく、専門家の個人ブログが大きな影響力をもち、たとえばIMF理事がMankiw’s blogで制度を説明するなど、大手メディアと対等に情報を発信しています。

それに比べて日本は、大手メディアの政策論争の水準も高いとはいえませんが、ウェブでの論争は皆無です。これは日本のウェブの匿名性が強く質が低いなどの原因によるものと思われますが、何十兆円もの補正予算が学問的な批判にもさらされないで浪費されるのは、大きな社会的損失です。特に大手メディアが記者クラブで情報を独占している日本では、ウェブによる言論の多様性は他の国より重要だと思います。

そこでライブドアの「複数アカウント」の機能を使って、専門家による政策論争の場を提供しようというのが、当サイトの目的です。1月からベータ版でサービスを実験していましたが、幸い多くの方の参加を得て、活発な議論が行なわれています。

きょうからデザインを変え、株式会社ITNYを運営主体として正式のサービスを開始します。といっても有料になるわけではなく、記事の内容は変わりません。コメント(ライブドアIDが必要)・トラックバック(承認制)が可能になり、広告が少し増え、当サイトの記事の一部をライブドア・ニュースで配信するなど、ニュースとの連携を強めました。

当サイトへの投稿を歓迎します。メンバー登録すれば、いつでも投稿できるようになります。ただしメンバーは何らかの分野で専門知識をお持ちの方(研究者・ビジネスマン)に限り、すべての方をメンバーにするとは限りません(採否も通知しません)。申し込みは電子メールに自己紹介と記事を添付して、itnypartners@gmail.comまでどうぞ。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑