「 リベラル 」の検索結果を表示中:748件

  • 偽リベラルは、世界のリベラルの常識に反する主張を山ほどしている。 ①マイナンバーのような国民を番号によって一元的に管理し、脱税などを防ぐとか、公的な身分証明書の携帯や提示を義務化する。というのがリベラルや左派の主張で、嫌...(2018年04月28日)
  • 今週は日米首脳会談が開かれる。国内報道は「<首相訪米>日米、危うい結束 不透明感漂う」(毎日新聞)とかいっているが、私はすべて上手くいっていると思う。 通商問題で、鉄鋼・アルミで日本が例外にならなかったのはアメリカに代償...(2018年04月16日)
  • 平成皇室のフィナーレは、眞子さま婚約延期問題の混乱で、生前退位問題についての議論も、雅子さまの御不調に伴う皇后陛下の役割いかんという課題も吹っ飛んでしまう混乱状況のなかで終わろうとしている。 眞子さまの婚約者にかかる問題...(2018年03月31日)
  • 夕刊フジに政治評論家・鈴木棟一氏が長年にわたって月曜日から金曜日まで連載している「風雲永田町」というコラムがある。取材した内容を鈴木氏が構成したものであることが多いが、まことに驚嘆すべきは、その正確さである。 携帯電話も...(2018年03月08日)
  • リベラリズム(自由主義)と「リベラル」とは異なる。  日本の特殊な「リベラル」は、憲法九条があるから日本は平和だという。よくよく考えてみると、この意見は極めて特殊な信仰というべき態度であり、理性によって受け入れることの出...(2018年03月05日)
  • 『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の偽リベラル』(ワニブックス)は、保守系の人々に偽リベラル攻撃の材料を与えるものでもある。しかし、それと同時に、偽リベラルといわれた人々には反省の機会と脱出法を示したものだし、本物のリ...(2018年03月04日)
  • 安倍政権の「働き方改革」関連法案のうち、裁量労働制の拡大は今国会への提出が見送られた。これで働き方改革で残るのは、残業時間の制限などの規制強化ばかりになった。春闘でも、3%の賃上げを財界に求める統制経済だ。 他方、日銀の...(2018年03月02日)
  • 朝日新聞や立憲民主党はリベラルを自称してますが、これは、おかしな言葉の使い方ではないか、世界的には非常識ではないかという質問をよく受けます。そういう疑問にきちんと答えたいと言うことで、『「立憲民主党」「朝日新聞」という名...(2018年02月26日)
  • 土曜日の夕方から月曜日にかけて、拙著『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の偽リベラル』(ワニブックス)が発売になります。 その第一章は、「リベラルの私が安倍首相を支持する理由」というタイトルです。詳しくは、詳しく具体的事...(2018年02月24日)
  • 「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義 [単行本(ソフトカバー)] 岩田 温 彩図社 2018-01-30 自称「リベラル」や、それを安易に用いるメディアはリベラルの意味を誤用している。本来リベラルは自由主義者...(2018年01月31日)
  • カナダにおける「ヒジャーブ切り裂き事件」の顛末 ほんのつい先日、Twitter(主に英語)で大きな話題になっていた事件がある。カナダのトロントにおいて、イスラーム教徒の11歳の女児が何者かに「ヒジャーブ」を切り裂かれると...(2018年01月19日)
  • 年末にふと女性の育休についてつぶやいたらそれなりに反響があり、やっぱり皆さん関心があるんだなあと実感したものの、中には「最近のエリートは90年代以前と比べて情けない」とか「ノブレスオブリージュが失われた」とか明後日方向の...(2018年01月04日)
  • 私は、枝野氏が保守の人だとは毛頭思っていないのだが、枝野氏ご本人は保守を自称されているようだ。 まあ、保守にも真正保守もあれば疑似保守、その時だけ保守もあるから、はあ、はあ、はあ、保守ですか、そうですか、保守にも色々あり...(2017年10月30日)
  • 公明党が、やや伸び悩みといわれ、比例で固い支持層を超えて浸透していないのは、立憲民主党に「中道」の有権者を奪われていたと分析し巻き返しに躍起だという。 山口那津男代表は「枝野さんが代表で、菅直人さんが顧問を務めるのが立憲...(2017年10月20日)
  • 10月2日付のブログで、「希望の党に排除されたのは、『リベラル派』ではなく、『冷戦時代からの改憲反対派』なのではないか」という文章を書いた。 その後、10月3日に、「立憲民主党」の届け出を済ませた枝野幸男代表は、次のよう...(2017年10月06日)
  • 「立憲民主党は恥知らずな“偽リベラル”の巣窟」では、欧米における正しいリベラルの定義を解説したが、その補足として、日本でなぜ極左的な勢力が「リベラル」と名乗るようになったかを糾弾しておこう。 山口二郎先生が「立憲民主党に...(2017年10月05日)
  • 民進党で希望の党に入れてもらえなかった人たちが枝野氏を中心に集まって、立憲民主党を結成するようだ。希望の党の理念に反対してという人もいないわけではないが、野田佳彦氏のように股くぐりをしてまで入りたくないといった人は立憲民...(2017年10月03日)
  • 希望の党の小池百合子党首が、民進党の「リベラル」勢力を「排除する」と述べたとされることが、話題を呼んでいる。しかしよく見てみると、小池党首は、「リベラルを排除する」と発言したわけではないようだ。民進党の立候補予定者を全員...(2017年10月02日)
  • 筆者は民進党にも希望の党にも別に期待はしていないが、民進党の希望の党への身売りを巡る一連のドタバタを見ていると、いろいろなことが分かって興味深い。 1.有権者はリベラルには厳しいが保守には甘い 都議選を見ても明らかなよう...(2017年10月01日)
  • 希望の党に公認されない辻元清美氏や赤松広隆氏や枝野幸男氏などの自称リベラル派が、「左派新党」を結成しそうな情勢だ。民進党はこういうガラパゴス左翼を党内に抱えていたため、党としての路線がはっきりせず、昔でいうと「社公民」と...(2017年10月01日)
  • エミー賞と言えば、米国ドラマ界のアカデミー賞です。 今年は共和党支持者で知られるコメディアン、スティーブン・コルベアー氏が司会を務めました。歯に衣着せぬジョークが売りのスティーブン、トランプ米大統領にも容赦ありません。 ...(2017年09月27日)
  • アゴラ読者の皆さんのツイートを元に進行する音声Vlog番組「#アゴラジオ」。 北朝鮮がミサイル発射、核実験と続けざまに強行し、事態は緊迫しています。しかしリベラルの人たちの反応はというと……。 このほか、人気YouTub...(2017年09月06日)
  • 先日、ご存じのとおり北朝鮮のミサイルが日本列島を飛び越して大騒ぎになったばかり。 それを受けた国内のリアクションをつらつら観察しているのだが、まあ予想通りと言うかなんというか、リベラル界隈のそれがひどい体たらくである。 ...(2017年08月31日)
  • 保守定食・リベラル定食
    昨日公開されたアゴラジオをバスで聞いていましたが、そのとおりだなと頷くことが多々ありました。朝日新聞がなくなる日 – “反権力ごっこ”とフェイクニュースという新田さん・宇佐美さんの共著が出版される...(2017年08月28日)
  • アゴラ読者の皆さんのツイートを元に進行する音声Vlog番組「#アゴラジオ」。 夏休み明けとなる第12回は、新田哲史編集長と、宇佐美典也さんの共著『朝日新聞がなくなる日 – “反権力ごっこ”とフェイ...(2017年08月28日)
  • ども宇佐美です。 来週(8/28)新著「朝日新聞がなくなる日」(改めて過激なタイトルですね)が出版される予定なので、二週続けて告知こみのリベラルメディアに関するお話です。 朝日新聞がなくなる日 – “反権力ご...(2017年08月24日)
  • ども宇佐美です。 いきなり告知で恐縮ですが、アゴラ編集長の新田さんとの共著で8月28日に「朝日新聞がなくなる日」という本を出すことになりました。 この企画を新田さんから初めて聞かされた時は「その手のヘイト本を書いても敵ば...(2017年08月14日)
  • まさかの「イソコ特集」に仰天 週刊文春の東洋経済オンラインに対する砲撃をきっかけに、最近の文春砲の「劣化」「左傾化」について論評したばかりだが、ちょっと驚いてしまったのは、SNSを眺めていたら、きのう(8月11日)の文春...(2017年08月12日)
  • 今週のVlogで、民進党を離党した長島昭久氏が「安倍首相が安保法制の審議で民進党を左へ追い詰めたので、共産党と区別がつかなくなった」と嘆いていた。首相の政策は世界的にみると左派で、アイケンベリーはこう書いている。 リベラ...(2017年06月24日)
  • 安倍首相が読売新聞のインタビューで憲法改正の目標時期を明言し、その後、憲法改正を求める集会のビデオメッセージの模様を各社が後追い。ついに、とうとう現職首相が憲法改正までのロードマップを設定したのだ。野党がどうとか、小池新...(2017年05月04日)
  • Former journalist arrested, charged with threats against Jewish facilities https://t.co/iJW3hMhHZq — 中東ニュース速報 ...(2017年03月04日)
  • トランプの勝利とイギリスのEU離脱などはリベラル路線の敗北であることはいうまでもない。ところが、リベラル系の人々は、こういう馬鹿なことになった原因をつくった側の問題を放置して、その結果、出てきた鬼っ子を退治できると思って...(2017年02月10日)
  • 夕刊フジの連載第四回は、トランプ陣営の発足に当たってのアメリカなど各国との外交関係を総括したが、それに大幅に加筆して掲載する。 ドナルド・トランプが日本時間で21日に大統領に就任した。選挙戦中から厳しい批判を繰り広げた西...(2017年01月22日)
  • 昨年の米大統領選挙前、英国内ではトランプ氏の訪英に反対する嘆願などが出されるなど、「リベラル」な若者達や英国内の回教徒グループなどの間で大規模な反トランプ運動が展開されていた。結局英国政府は嘆願を退けトランプ氏の訪英を禁...(2017年01月15日)
  • 「南スーダン制裁決議」に見るアメリカ外交の敗北:鈴木一人(新潮社フォーサイト) 任期切れ間際に南スーダン制裁決議に突っ込んで玉砕したパワー大使。「記念受験」ってやつね。 パワー大使が任期切れで、次の政権ではまったく国内派...(2017年01月13日)
  • 英米における「脱真実」論を紹介する記事がYahooニュースに出ている。 「脱真実」(post-truth)論とは、あたかも既存メディアの報道する「真実」の影響力が、「代替右派」(alt-right)のネットやSNSを利用...(2017年01月09日)
1 / 21123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑