「 人事評価制度 」の検索結果を表示中:10件

  • 日本の就職がユニークな点の一つに大学を出て就職が決まった際、総合職と一般職という2つの入り口に分けられる点があります。総合職とは将来の幹部候補生ということであります。同様に国家試験でも能力段階に応じて入口の時点で仕分けを...(2020年02月14日)
  • 1ヶ月以上を目途の育休や産休など育児に伴う休暇・休業の取得できる状況100%を目指すとは?! 人事院が発表した「仕事と家庭の両立支援関係制度の利用状況調査(平成30年度)の結果について」によると、2018年度に育児休業を...(2019年11月07日)
  • 先週、自民党行政改革推進本部で、官公庁の業務や定員管理に関する提言をまとめ、宮腰国家公務員制度担当大臣に申し入れました。各省庁への調査データを基に、主に、全省庁の業務効率化と、特に極端に負担のかかっている厚労省の業務の負...(2019年05月28日)
  • 経済産業省から『標準化人材を育成する3つのアクションプラン』が発表された。ほとんどが企業に対応強化を求める内容であって、政府自体の取り組みは少ない。これでは企業が応ぜず、「笛吹けど踊らぬ」になる恐れが高い。 企業経営者に...(2017年04月11日)
  • ■社長目線とは、全体最適化をすること 少し前に「社長になった気持ちで仕事に当たろう」という提言に大して「なぜイチ従業員が、給料も見合っていないのに社長になった気持ちで死ぬほど働かなければならないのか」という指摘が行われて...(2014年02月26日)
  • 最近、中小企業向けのリーダー育成をテーマにした本を出した関係で書店にご挨拶回りをしています。ビジネス書のいくつかあるカテゴリーのなかでも「リーダーシップ」は近年、特に市場が大きくなってきました。中日ドラゴンズ・落合博満G...(2014年01月19日)
  • 10月31日の日本経済新聞ネット記事によると、中央省庁の幹部人事を首相官邸が一元管理するため新設する「内閣人事局」の人員規模が100人を超えるとのこと。 <記事抜粋> ○官邸が判断する幹部人事の範囲は現在の局長級以上20...(2013年11月03日)
  • 日経新聞の夏のボーナス調査(中間集計)で2年ぶりにプラスに転じた、と報じられていました(5月26日朝刊)。昨今の円安の恩恵を受けた業種や、個人消費の伸びが期待できる業種を中心に増額する方向のようです。ただ、日経やシンクタ...(2013年06月03日)
  • 安倍政権が企業側に従業員の賃金アップを要請し、ローソンの新浪社長がいち早く呼応して正社員の年収3%アップを決めました。その後も、メガネ専門店のジェイアイエヌも正社員の年収6%アップを発表するなど、大企業では、賃上げの動き...(2013年04月03日)
  • 日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)の元執行役員が、インサイダー取引容疑で逮捕された、とのこと。最近のインサイダー事件といえば「増資インサイダー」が話題となっておりましたが、こちらはここ数年の典型的なTOBに絡むイ...(2012年06月27日)

過去の記事

ページの先頭に戻る↑