「 八幡和郎 」の検索結果を表示中:495件

  • ネットメディアが論壇の主流となり新聞などが追っかけることはトランプ大統領のツイッターで顕著になっているが、日本でもだんだんそうなってきた。さきごろは、私と文科省出身の寺脇研氏との官僚OB対決が記事になったが、こんどは、山...(2017年07月13日)
  • 産経新聞の電子版が「【加計学園問題】元文科官僚の寺脇研氏の書き込みに反論 評論家の八幡和郎氏「こんな考え方は岩盤規制の権化である前川氏や寺脇氏などごく少数…」という見出しで報じ、それをハフィントンポストでも「寺脇研氏 v...(2017年06月28日)
  • ※写真は佐賀県・吉野ケ里公園(筆者撮影) 古代史は知的な興味をそそる大変面白い分野だが、現代の日本を考える上でそんなに重要なファクターであるわけでもない。私も古代史は好きだが、アゴラで頻繁に扱う程の題材とは考えていない。...(2016年04月03日)
  • 2月11日の「建国記念の日」に因んで、私は「日韓関係に関連した建国記念の日の意義」と題する小論を2月16日付のアゴラに掲載させて頂いたが、あまり読んで貰えなかった様だし、「いいね」と言って下さったのは2人に過ぎなかった。...(2016年03月06日)
  • 言論プラットフォーム「アゴラ」執筆陣に、評論家・歴史作家の八幡和郎さん(徳島文理大学大学院教授)が新たに参加することが決まりましたのでお知らせします。 八幡さんは1951年、滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省...(2016年02月18日)
  • 日馬富士の暴行事件の現場の状況はだんだん明らかになっているが、そこに至る経緯はどうもよく分からない。 そんな中で気になるのは、貴ノ岩が負け越したあと錦糸町の『カラオケBARウランバートル』という店で、負け越しが決まった後...(2017年12月12日)
  • 日馬富士暴行事件をめぐって、これまで貴乃花サイドに近い記事が多かった夕刊フジだったが、驚くべき記事を掲載した。 貴ノ岩が精神科入院準備、病院探す貴乃花親方 事態の大きさ、日馬引退に気を病んだか(ZAKZAK) 貴ノ岩が、...(2017年12月10日)
  • アゴラ読者の皆さんのツイートを元に進行する音声Vlog番組「#アゴラジオ」。 今回は今年2度目となる池田信夫の自宅での収録となります。19日にシンポジウムの緊急開催が決まった電波制度改革から、八幡和郎さんの記事が連日アク...(2017年12月09日)
  • 日本人は親日的な外国人が嫌いらしい。 反日的な外国人は朝日新聞はじめ自称リベラルが大歓迎して擁護し援助してくれる。ところが、親日的外国人は自称リベラルからは余計なことをいう奴だと攻撃され、民族派からは少しだけの露出なら喜...(2017年12月09日)
  • 白鵬の肘を使ったかち上げに批判が高いが、現行の規則では禁じ手ではない。危険度の高い技を制限、禁止するのは賛成だが、それは、個別の技を論じるのでなく、全般的な見直しの中で公正に危険度が高いものを選んで、禁止するというプロセ...(2017年12月07日)
  • 英国とEU、最後の最後で合意成らず-年内決着は困難の声 (ブルームバーグ) 4日のメイ英首相とEUのユンケル欧州委員長による会談で決着かと思えた交渉が、袋小路に入って深刻な状況になっている。最後に残った課題は三つだった。...(2017年12月06日)
  • 優勝回数で大鵬と並んだとき、白鵬は「この国の魂と相撲の神様が認めてくれたお陰で、この結果があると思います」「明治時代の初期。大久保利通という武士と明治天皇が(相撲という)長く続いた伝統文化を守ってくれたそうです。その中で...(2017年12月05日)
  • 相撲を国技として認定した法令などは存在しない。宮内庁から天皇杯を下賜されているというが、柔道、剣道、弓道、野球、サッカー、バレー、卓球、ソフトボール、陸上、空手、競馬、体操、水泳、レスリング、スキーなどにも与えられている...(2017年12月04日)
  • 日馬富士暴行事件でとても嫌なのは、大リーグや欧州サッカーで、日本人同士が会合を持ったときに同じことを言われたらどう感じるだろうという感覚を失った議論が横行していることだ。 イチロー選手とダルビッシュ選手が、シーズン中に会...(2017年12月03日)
  • いまの日本にとって、相撲がモンゴルとの友好関係に役立っていることは、日本外交にとって一個師団に匹敵するくらいだ。日馬富士問題で保守系の人までがその効用を忘れているのは困る。 中国などにとって眼の上にタンコブ的な日本とモン...(2017年12月02日)
  • Facebookで相撲の騒動で、貴乃花批判をしたら大変なことになった。 中国などにとって眼の上にタンコブ的な日本とモンゴルの良い関係を悪くしたいと思われる人と、モンゴル人力士がともかく嫌いという国粋主義者のネトウヨの両方...(2017年12月01日)
  • NBCの朝の看板情報番組看板「トゥデイ」のメイン・キャスターであるマット・ラウアーが不適切な性的関係を理由に急遽解雇されて降板した。 J女子・SPAの記事によれば 「ゴシップ誌ではその甘いマスクと脱いだらスゴ過ぎる肉体!...(2017年11月30日)
  • サンフランシスコ市議会が、怪しげな団体から日韓の合意の精神を踏みにじるような碑文付きの「従軍慰安婦像」の寄付を受けることに対して、大阪市の吉村洋文市長が「サンフランシスコとの姉妹都市関係について解消する」として抗議してい...(2017年11月29日)
  • 立憲民主とかいう名を冠する政党が出現したのは、明治時代にタイムスリップしたような気分だが、極めて遺憾だったのは、憲法に則った政権選択のプロセスに対して、これを尊重する必要がないという執拗な攻撃が、朝日新聞を代表とする自称...(2017年11月26日)
  • 小泉進次郎を欠点のない政治家とか誉める人がいるが、受験や就活も結婚もしたことない人間が、一国のリーダーが務まるのであろうか。 小学校から大学までエスカレートで受験の苦しみも経験せず(横須賀に近い横浜市の関東学院。青学とか...(2017年11月23日)
  • 立憲民主党の枝野幸男代表が20日、衆院本会議で代表質問に立った。枝野氏は、「(憲法違反の)安保法制を前提としながら自衛隊を憲法に明記したら、立憲主義違反を事後的に追認することになる」という珍妙な論陣を張った。 もし、この...(2017年11月21日)
  • 欧米とロシアのあいだで、政治工作をマスコミやネットを通じてすることを規制しようとする報復合戦が繰り広げられている。 そもそものきっかけは、ロシアがアメリカの大統領選挙に介入したということだが、日本人から見れば過剰反応のよ...(2017年11月18日)
  • 先週、「おんな城主・直虎」で、出来のよく父親思いの息子だった家康が、信長の圧力でなくなく信康を処断したと描かれていたのを史実でなく、家康と信康は深刻に対立しており、むしろ、家康が信康の義父である信長の了解をとったうえで処...(2017年11月17日)
  • 日本維新の会の足立康史代議士が「加計学園」を巡る朝日新聞の社説を巡り、自身のツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿したことで波紋が広がっている。 足立氏は11月12日に文部科学省の審議会が加計学園の獣医学部新設を認可するよ...(2017年11月15日)
  • 「おんな城主・直虎」は、視聴率はともかく、歴史ドラマとしては、なかなか面白い洞察を含んでいてなかなか楽しめている。11月12日放送分は、「魔王のいけにえ」と題して、信康事件を扱っていて、どんな刺激的な内容かと期待したのだ...(2017年11月12日)
  • フジテレビ「バイキング」で山尾志桜里さんについて話したので、その概要を書いておく。 倉持麟太郎弁護士を反発覚悟で政策顧問に迎えたのは、基本的には、山尾氏が不倫について疑いようがない証拠がないのだから、強気を通すことが正し...(2017年11月11日)
  • 韓国の文在寅大統領は、徴用問題についての個人請求を否定しないようなことを言うし、慰安婦問題も蒸し返す流行りたい放題だ。 金正恩も「日本を沈める」とかいい放題だ。そんななかで、何かパンチの効いた対抗措置はないのかといえば、...(2017年11月09日)
  • 李王朝のころから朝鮮・韓国がその外交的な立場を悪くしてきた主たる原因のひとつが、その無礼さにある。 明治維新ののち、それまでの対馬藩を通じての前近代的な関係に代えて万国公法にもとづく近代的な国交を樹立しようと申し入れたと...(2017年11月08日)
  • トランプ大統領は5日、横田基地で米空軍兵士や航空自衛隊員の前で演説した。これは、オバマ大統領が昨年の来日時に岩国基地で海軍と海上自衛隊の兵士・隊員の前で演説したのと同様のシテュエーションだが、オバマ大統領のときもNHKは...(2017年11月07日)
  • バミューダ諸島などに拠点を置く法律事務所「アップルビー(Appleby)」から流出したものなど1340万の文書からなるパラダイス文書は、南ドイツ新聞が入手し、2015年の「パナマ文書」公開でも活躍した国際調査報道ジャーナ...(2017年11月06日)
  • フリーライターの山田高明さんがブログで、「アゴラ砲に殺された民進党」という記事を書いている。 民進党は今現在、哀れなプラナリアのように四つの勢力に分裂して生き長らえている。今回の選挙結果が一連のプロセスの区切りだとしたら...(2017年10月30日)
  • 日本の総選挙と中国共産党1中総会が重なったので、日本のメディアの立ち位置がよく分かった。 完全な自由選挙で圧倒的な勝利を収めて選ばれた日本の首相には、選挙の結果にもかかわらず、その正統性にケチをつけまくっている。 一方、...(2017年10月26日)
  • 立憲民主党という党ができて、立憲主義が話題になっているが、彼らは日本近代政治における立憲主義の意味を知らないらしい。 明治憲法でも、立法権や予算承認は自由選挙で選ばれた衆議院での可決が必要だったが、首相は天皇、実質的には...(2017年10月25日)
  • 自公で議席の3分の2である310を確保したので、憲法改正の発議が可能になったという報道が盛んにされている。 しかし、公明党は必ず国民投票で勝てると見通しがなければ承知しないだろうし、実際、野党第一党の賛同も得ないと、とい...(2017年10月24日)
  • 台風による投票率の低下で、20時現在の議席予想の信頼性がいつもより低いので、あまり先走った解説は難しいが、とりあえず、NHKの20時現在の議席予想を前提にした分析です。 安倍首相の立場はふたつの意味で強化される。ひとつは...(2017年10月22日)
  • 「系図を知ると日本史の謎が解ける」(青春新書)で扱った大名家のなかで、系図をたとっていくと面白いもののひとつに上杉家がある。 上杉家は藤原一族の公家である観修寺重房が、宗尊親王が鎌倉に下って将軍となったとき行動をともにし...(2017年10月22日)
1 / 14123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑