「 小室 」の検索結果を表示中:44件

  • 秋篠宮眞子さまの婚約者・小室圭氏について週刊誌最新号に、かなり厳しい記事が出ている。 「週刊新潮」によれば、小室氏は先月、久しぶりに秋篠宮邸を訪れたが、このとき、両殿下はお会いにならず、宮内庁職員が将来計画などにつき厳し...(2018年04月09日)
  • 今週の各週刊誌は、結婚延期でなく中止だという流れだろうという各マスコミの報道もあってか、眞子様が抵抗されているとか、紀子さまとすきま風が吹いているとか、LINEで小室氏と連絡を取っているとか、すんなり辞退してくれないとい...(2018年03月03日)
  • 小室母子の問題で、すでにある神道系の新興宗教および霊媒師との関係も深刻な問題として語られてきたが、宗教の名前は伏せられてきた。 しかし、週刊新潮が掲載に踏み切った。 眞子さま破談のワケは小室家の「新興宗教」 ついに元婚約...(2018年02月22日)
  • 眞子内親王と小室圭氏との結婚延期が発表されたのは2月6日・月曜のことである。先週は各週刊誌とも対応ができなかったが、今週は各誌が大きく扱っている。 いずれも小室家に厳しいもので、「破談」という方向を強く滲ませている。また...(2018年02月16日)
  • 2月7日、秋篠宮眞子さまのご結婚の日程が延期と発表がありました。 宮内庁によると、天皇陛下の譲位に関する一連の儀式等が滞りなく終了した再来年になる見込みだそうです。 昨年のブログでも扱ったとおり、平成の時代は平成31年4...(2018年02月14日)
  • 「夕刊フジ」に、眞子さま結婚延期について、私のインタビュー記事が載っています。 しっかり、まとめていただいているので、それを補足してアゴラの読者にも紹介したいと思います。 記事では、 「眞子さまのお幸せのためには、小室さ...(2018年02月08日)
  • 今回の「#アゴラジオ」は収録前日に東京都内で4年ぶりに警報が発令された大雪の話から。雪関連でアゴラで今週話題のあの記事の話。そして、週刊文春報道で引退を表明した小室哲哉さんについて、小室フィーバーのリアルタイム世代の2人...(2018年01月24日)
  • 「週刊女性」の2月6日号が、また、小室圭さんの母親をめぐる新しいスキャンダルを載せている。 眞子さま、婚約者・小室圭さん母が借金未返済でも養った“彫金師”恋人の存在 すでに、昨年は「週刊新潮」が小室さんの実父と祖父の不幸...(2018年01月24日)
  • 小室哲哉さんを引退に追い込んだ週刊文春に対する世論が厳しくなりそうな雲行きだ。すでにツイッターでもハッシュタグ「#週刊文春を許さない」の運動も起きている。 どうして不倫と決めつけて報道したのか。ご本人は会見でC型肝炎と闘...(2018年01月20日)
  • 音楽プロデューサーの小室哲哉氏が19日、都内で記者会見を行い、引退を表明した。「この騒動のけじめとして引退を決意した」と述べているように、きっかけは週刊文春の不倫疑惑報道だった。昨日までのワイドショーの報道を見た時点で、...(2018年01月19日)
  • 眞子さまと小室圭さんとの結婚そのものは、お二人がお決めになられたら良いことであるが、皇室にとって、なかなか悩ましい宿題を残すことになると思う。 皇室のあり方にも影響するところが大なので、国民的な課題であるし、政府も含めて...(2017年12月16日)
  • 「週刊女性」が小室圭さんの母親が、再婚を前提につきあっていたある男性とトラブルを抱えていると報じている。 秋篠宮家はご存知か! 眞子さまの婚約者・小室圭さん母「400万円」借金トラブル この手の報道をするときは、週刊誌編...(2017年12月14日)
  • 参議院議員・今井絵理子の不倫疑惑がワイドショーでも週刊誌などでも大きな話題になっている。しかし、これはそんな重大事か? タレント出身の独身の一年生議員が、既婚者と不倫とみられても仕方ない行動をしたことはよろしくないが、相...(2017年08月02日)
  • 小室さんの周辺状況については、非常に不自然な印象があったが、本日発売の「週刊新潮」が横浜市職員(建築吏員)だった父親が、勤務を休みがちだった状況ののちに自殺していたことを報じている。 眞子さまと秋篠宮家がすべて承知のうえ...(2017年05月25日)
  • 『誤解だらけの皇位継承の真実』(イースト新書)では、平成になってから皇室で起きた問題の総括もしているが、その結びに以下のように書いた。 眞子様騒動のとき、一般国民は婚約の前に宮内庁が身元調査をしたはずだから大丈夫と思った...(2018年04月23日)
  • 平成皇室のフィナーレは、眞子さま婚約延期問題の混乱で、生前退位問題についての議論も、雅子さまの御不調に伴う皇后陛下の役割いかんという課題も吹っ飛んでしまう混乱状況のなかで終わろうとしている。 眞子さまの婚約者にかかる問題...(2018年03月31日)
  • 眞子様結婚延期の発表は、新聞とテレビしか見ない人々にとっては、寝耳に水だったと思う。しかし、昨年5月のNHKによる婚約報道の直後から、小室氏とその周辺のさまざまな問題点は関係者の間では語られており、週刊誌やネットではさま...(2018年02月11日)
  • ここ数日、大きな話題になっている眞子様の結婚問題の経緯には違和感がある。それは婚約発表がNHKのスクープという形で行なわれ、本人の意思とは無関係にマスコミ主導で話が進んだことだ。今回の延期の発表にもこう書かれている。 昨...(2018年02月09日)
  • 小室家の背景が複雑すぎる 秋篠宮家の眞子さまの結婚をめぐる背景を、週刊誌やネット情報で、私もある程度は目にしておりました。伝えられる複雑な情報が詳細になるにつれ、事実なら皇室、宮内庁の関係者は困惑しているに違いないと、想...(2018年02月08日)
  • 眞子様と小室圭氏の結婚延期の衝撃から1日が経った。宮内庁は週刊誌報道の影響を否定するのに懸命なようだが、苦し紛れにしかみえない。八幡和郎さんも指摘しているように、「週刊女性」が昨年末に報じた小室氏の母親の金銭トラブルが、...(2018年02月07日)
  • 眞子様の結婚延期との発表が宮内庁からありました。新聞とテレビしか見ない情報弱者にとっては寝耳に水だったと思いますが、アゴラでは昨年来、的確で真摯な扱いの解説を流して、私は、「この結婚が将来とも円滑に続けられそうなものか、...(2018年02月06日)
  • 今週も文春砲が小室圭さんの問題を書いているし、女性セブンも皇后陛下のご心配、殿下の憂鬱など問題が深刻であることを報じ、破談の可能性まで論じている。テレビや新聞は逃げているが、皇族の結婚は国家の一大事だ。マスメディアが世の...(2018年02月01日)
  • 昨今、俳優やタレントなど有名人の不倫報道が過熱しています。このような行為の多くは、当該有名人の名誉を棄損し、プライバシーを侵害しています。 名誉棄損とは、ある人の社会的評価を低下させる行為を指します。また、社会的評価を下...(2018年01月24日)
  • ネットニュースで「京大iPS研で論文不正 山中伸弥所長が謝罪」という標題の記事を目にして、急いで記事を読み、論文を調べた。 産経新聞には「所長を辞職するか報道陣に聞かれ、『その可能性も含め、どういう形が一番良いのか、しっ...(2018年01月23日)
  • 最近、週刊文春が小室哲哉氏に対して、得意技の『不倫報道』という文春砲を発射し、小室氏は引退する事となりました。確かに、他人から見れば、小室氏は不倫と思われるような行動をしていたのかもしれません。だからと言って、それは日本...(2018年01月22日)
  • 「アゴラ」の記事で、今年1年間のアクセス数が多かった順に上位10傑をご紹介します。(PV数は12月29日早朝時点) 10位:細野 豪志 『貧乏人の馬鹿息子は大学に行かなくてもいい』とのブログに対して(3月7日、173,0...(2017年12月30日)
  • 最近ソニーに関して新聞や週刊誌で、「画像センサーの売り上げ好調」「連結業績予想(米国会計基準)を上方修正」「新製品『aibo』発売」といった明るい内容の報道が目立つ。良きにつけ悪しきにつけメディアで取り上げられやすい会社...(2017年12月06日)
  • 11月3日、グロービスのG1経営者会議に参加し、「働き方改革」をテーマにワーク・ライフバランス 小室淑恵氏、リクルートマーケティングパートナーズ山口文洋氏、三菱地所プロパティマネジメント千葉太氏、UQコミュニケーションズ...(2017年11月05日)
  • 昭和30年代半ば生まれの物書きと昭和ヒトケタ後半の物書きは似ていないだろうか? 私は囲碁が趣味で、時々ネットでプロ棋士などの棋譜解説を見たりする。最近面白いと思ったのがコンピューターと人間の対戦で、私が見たのは、「Goo...(2017年10月29日)
  • 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと、大学時代の同級生・小室 圭さんとの婚約内定が、7月8日に発表されることになりました。おめでとうございます。 ところで、この報道を目にして、「婚約の内定」ってどういう意味だろうと考えた就活生...(2017年06月22日)
  • 眞子内親王のご婚約には、まず、お祝いを申し上げたい。報道されているとおり、慎重に準備を進めてこられてこられたということなら、結構なことだ。比較的、若い年齢での結婚は、少子化の歯止めにもなってそういう意味でも喜ばしい。 ま...(2017年05月17日)
  • 「ランバダ」を歌っていたロアラ・ブラスさんが亡くなった。焼けた車内で遺体が見つかるという、衝撃的な死だった。 「ランバダ」のロアラ・ブラスさん死去=焼けた車内で発見―ブラジル(時事通信) – Yahoo!ニュ...(2017年01月20日)
  • こんにちは、「働き方革命」という本を8年前に出して、時代を先取りすぎて全然売れなかった駒崎です。 さて、労働政策研究・研修機構が行なった調査がニュースで報じられました。 「転勤」めぐる実態調査、“結婚・育児・...(2017年01月16日)
  • 電通の新卒1年目の女子社員の高橋まつりさんが身を投げたのは、去年のクリスマス。 皆さんは早く帰って、子どもたちとケーキを囲めていたのではないでしょうか。 しかし、彼女は100時間以上の残業をさせられ、上司からは「なに目を...(2016年10月16日)
  • 本日、記者会見して参りましたが、ネット署名キャンペーンを開始します。 https://goo.gl/FqRlhP 「ひとり親を救え!」キャンペーンの際は、3万8000人もの方々がご協力くださり、菅官房長官にも署名を手渡せ...(2016年05月09日)
  • 日本中が実家帰って酒飲むかキャンプしているかの中、全く届く気がしませんが、こどもの日ということで、告知です。 記者会見やるんで、メディア関係者の方、ぜひお越しください。 連休明けの5月9日の13時~@文科省です。 6人に...(2016年05月06日)
1 / 212

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑