「 早川 」の検索結果を表示中

  • 小池百合子氏がみずからの総選挙出馬を否定し、過半数を取った場合の首班候補すらはっきりしていないなかで、自民党の石破茂氏や野田聖子氏を考えているのでないかという憶測が消えない。 小池氏は、「(自民党の石破茂元幹事長を担ぐ可...(2017年10月09日)
  • また、衝撃的なニュースが報道された。元政策秘書に暴言や暴行を加えたなどと週刊誌に報じられて、自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が、週明けの18日、後援会幹部に事情を説明する会合を開くと、いくつかのメディアが報...(2017年09月17日)
  • アゴラ運営のインターネット放送「言論アリーナ」。 9月30日(火曜日)は午後7時から1時間にわたって、 「急速な円安で日本経済はどうなる?~アベノミクスに危険信号~」を放送します。 出演は早川英男氏(富士通総研エグゼクテ...(2014年09月29日)
  • ブロゴスに投稿された早川先生の「誰が何を言おうと、靖国を参拝したからといって非難されるようなことではない」と言う記事に大変驚きました。 私は海外生活の永い市井の一老人に過ぎませんが,かねてより橋下徹日本維新の会共同代表と...(2013年12月30日)
  • アゴラ運営のインターネット放送「言論アリーナ」。7月30日(火曜日)の放送は午後8時から午後9時までの1時間にわたって、「日銀・異次元緩和の問題点=アベノミクス、金融専門家の憂い」を放送します。入口は上記のニコ生サイトか...(2013年07月25日)
  • 「暴力団と人権」を論じた早川氏の記事が「ブロゴス」に出たが、読者の反響は否定的な物が圧倒的であった。 同氏の主張を「暴力団」に同情的だと解釈した批判が多かったが、それはとんでもない誤解で、同氏は「暴対法」が粗悪品だと言っ...(2011年12月26日)
  • 今頃は、どの陣営も必死だろうと思う。 万全の選挙体制で臨んでいる陣営は、せっせと電話作戦を展開している最中ではなかろうか。 空中戦に頼っているとつい忘れがちになるのが、電話作戦の有効性である。 最後の最後は電話一本で決ま...(2017年10月21日)
  • 起き上がり小法師というものがある。 殆ど後ろに倒れているように見えるのだが、必ず起き上がる。 いくら倒しても、起き上がる。 受験生にとってのお守りのようなものだが、選挙にも必需品である。 いつも勝てるような選挙しかしてい...(2017年10月19日)
  • 産経が小池さんの支持率が急落している、と報じていた。 まあ、あれだけ色々なマスコミから寄ってたかった叩かれれば、さすがの小池さんでもある程度人気が落ちるのは止むを得ない。 弱い人を寄ってたかって苛めるのはお止めになったら...(2017年10月17日)
  • 私自身は中選挙区選挙復活推進論者のつもりでいるのだが、しかし現行の小選挙区・比例代表区併用制選挙にはそれなりの妙味があり、なかなか捨て難い面白い制度だと思っている。 小選挙区で落選しても比例区選挙に重複立候補していると惜...(2017年10月16日)
  • 何だか途轍もない調査結果になっているようだが、要人の心無いたった一言で世間の空気が変わってしまうことがあるので、ご用心、ご用心。 今明らかにされている新聞社の世論調査は、無視することである。 自民党、公明党、共産党を除け...(2017年10月14日)
  • 私にとって今回の選挙はもう終わったも同然なので、次の衆議院選挙のために野党の皆さんはどう備えるべきか、ということを考えておきたい。 小選挙区制選挙を続ける限り、野党の皆さんにとって選挙が大変な重荷になることがほぼ確定した...(2017年10月13日)
  • 沈黙は金、というが、選挙でもそういうことがあると知って驚いている。 暴言や湿原の類は一切ないあの小泉進次郎氏が、街頭演説で10分余り沈黙を守るという最高のパフォーマンスを披歴したようだ。 何も言わないで手振り、身振りだけ...(2017年10月12日)
  • グズグズと出渋っている人を動かす一つの方法が、どやしつける、とか、尻を蹴っ飛ばす、というところか。 さしずめ、小池さんの「排除します」が、枝野氏を動かす大きな原動力になったのだと思う。 それでは、小泉進次郎氏の「感謝しま...(2017年10月12日)
  • 安倍首相は自公で過半数が勝敗ラインといい、辞職するようなことをいっている。しかし、これを明言することが、政局を混乱させ、北朝鮮情勢で緊迫する中で日本の立場を不安定にしている。 また、与党が過半数を切ってもかわりに過半数を...(2017年10月11日)
  • 案外割りを食いそうなのが共産党だ、などと聞くと、選挙の読みが如何に難しいか、ということを実感する。 共産党は、立憲民主党の候補者を支援するためにせっせと自分たちの候補者を下げているようである。 負けることが分かっていても...(2017年10月11日)
  • 結局は自公の結束の強化を促し、安倍内閣の延命に手を貸しただけに終わりそうだ、というのが大方の識者の見解のようである。 自民党安倍内閣のリセットになるのではないか、と多少期待していたのだが、リセットされたのは民進党で、自民...(2017年10月10日)
  • 党首討論ということになれば、希望の党の場合は小池さんしかいない。 なんとか小池さんの影響力を小さくしたい方々があれやこれや小池さんの粗探しをされているようだが、小池さんが都知事の職に留まることを宣言した以上大した効果はな...(2017年10月09日)
  • 人間は、誰もが物事を都合の良いように考えてしまうものだ。仕事にしても、うまくいかなくなると取引先が悪い、上司が悪い、あるいは景気が悪いと周囲のせいにしたくなる。知人の会社経営者に、「うまくいったら他責、失敗したら自責」だ...(2017年10月07日)
  • 音喜多さんが都民ファーストの会派を離れても、小池さんも若狭さんも私も何も困らない。 都民ファーストは、音喜多さんにはどうみても窮屈である。 小さな箱に入ってじっと我慢が出来るのは、せいぜいが一か月ぐらいで、それ以上我慢し...(2017年10月05日)
  • 大分難渋されたようだが、民進リベラル・共産党との共闘派の方々のお城が今日出来たようで、誠に結構なことである。 枝野氏他の方々にエールを送るのがいいと思うが、実は立憲民主党の設立は希望の党にとっても朗報と言っていい。 これ...(2017年10月03日)
  • 希望の党の候補者擁立作業が予想以上に順調に進んでいたようである。 どうやら産経の報道はフェイクニュースではなかったようである。 若狭さんも玄葉さんも大車輪で候補者選定作業に従事されていたようで、一連の作業を実質的に補佐し...(2017年10月02日)
  • 民進党の方々はかなり気が長いようだ。 まあ、それだけ皆さん、人がいいのだろうが、戦をするのに人がいいのはマイナスに作用する。 ご自分たちの生き死にを賭けての戦いなのだから、もう少しシャンとされていた方がいい。 歓迎もされ...(2017年10月02日)
  • 希望の党は穏健保守、改革保守の集団であって欲しい。 しかし、マスコミの報道ぶりを見ていると、希望の党にはウルトラ保守、自民党より右の集団だと誤解されかねない要素があるようだから、希望の党の候補者選びはくれぐれも慎重に進め...(2017年10月01日)
  • 菅官房長官が今回の衆議院選挙への小池さんの立候補を想定しているくらいだから、世論の強い反対がなければ小池さんが都知事の職を擲って今回の衆議院選挙に立候補する可能性は相当あるのだろうと思っている。 都民を愛していないのか、...(2017年09月30日)
  • 言うだけ番長とのこれまでの世間の評判を一気に覆したのだから、前原氏も大したもんだと言っておこう。 ファーストペンギンの資格は、あるようである。 これまでの民進党のままでは、右にも左にも前にも後ろにも行けないことは必至だっ...(2017年09月28日)
  • 少しだけブレーキを掛けておく。 小池さんの仕掛けは実に見事だが、しかしやり過ぎると自分の大事な味方を失うことにもなりかねないから、何でもかんでもやり過ぎない方がいい。 リセットのつもりで、リターンキーを押したがいいが、肝...(2017年09月28日)
  • アゴラ新田編集長の投稿(侮れないぞ!小池百合子の“隠し芸”注意報発令なう)でも指摘しているが、公示前までは目が離せないと考えている。昨日の安倍総理の記者会見の前に、電波ジャックをしたのは小池都知事だった。解散前に情報が小...(2017年09月27日)
  • 皆さんが戦々恐々とされている様子がビンビンと伝わってくる。 出来てもいない政党が、政権選択選挙だ、などとぶち上げたら普通は鼻であしらわれてお終いになるところだが、どうやら希望の党が侮れない政党だという感覚があっという間に...(2017年09月27日)
  • ご自分に人気がある時にはこういう物言いもある程度はいいのだが、どうも昨日の安倍総理の記者会見は総理や自民党の足を引っ張ってしまいそうである。 麻生さんや総理周辺の方の耳打ちなり情報提供がどうも間違っていたのではなかろうか...(2017年09月26日)
  • もう前言を翻すことは出来ないのだろうが、安倍総理はちょっと踏み止まった方がよさそうである。 私自身にとってはこの時期の解散には何の不都合もなく、反って私の働きどころが見つかったようで内心ウキウキしながら日本の政治の展開を...(2017年09月25日)
  • 新党設立の主導権を若狭さんが事実上握られたようである。 船頭多くして舟、山に登る、みたいなことにならなければいいのだが、と思っていたが、ここに来て急ピッチで新党の態勢が整ってきた。 細野さんも今更引っ込みが付かないだろう...(2017年09月24日)
  • これで少しは希望を持てるようになるかしら 小池応援団の私が言うとただの応援演説に聞こえてしまうだろうから、ちょっと斜めに構えたような物言いをした方がいいのかも知れないが、それでも今朝(23日)の読売の報道を見て、お、これ...(2017年09月24日)
  • 小池さんがどこまで本気か分からないが、私が見ている限り小池さんは簡単に自分の役割を放棄する人ではない。 人によっては執念深い、とか、ちょっとしつこいと評する人もいるだろうが、一度受けた屈辱はいつか必ず果たすようなところが...(2017年09月23日)
  • 若狭勝氏らが旗揚げを進めている新党との関わりあい方について、小池百合子氏のトーンが若干変わってきているようだ。都議選直後に都民ファーストの会代表を辞任したように、当初は、都政に専念する姿勢を強調。新党について表向きは若狭...(2017年09月21日)
  • 都議会改革については既に一応の成果が挙がっていると思われるので、小池さんには次のステップに進んでもらいたいと願っている。 どう考えても我が国は世直しが必要な段階に来ているように思う。 小池さんが都知事になり、都民ファース...(2017年09月21日)
1 / 15123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑