「 池田 」の検索結果を表示中:4478件

  • 磯崎さんからコメントをいただいたので、簡単に答えておきます。テクニカルな話なので、マクロ経済学に興味のない人は無視してください。...(2010年03月04日)
  • 国会で日銀の追加緩和をめぐる論議が続いている。特に亀井静香金融担当相は「日銀が(国債の)市中からの買い入れだけでなく、国債を直接引き受けて財源をつくることをやればいい」と、これまでタブーとされていた国債の日銀引き受けに踏...(2010年03月03日)
  • アップルのiPadの登場で、出版業界に激震が走っています。アマゾンのキンドルでは対岸の火事だった書籍の電子化が、日本でも進む可能性が出てきたためです。日本でも携帯端末では電子書籍が普及しており、今後はタブレット端末やPC...(2010年03月02日)
  • 金融危機は最悪の局面を脱し、欧米諸国は「出口戦略」をさぐっています。ところが日本だけが「二番底」を防ぐと称して2次補正をこれから執行し、財務相は日銀にインフレ目標を強要しています。これが愚劣なのは、インフレ目標が実現不可...(2010年03月01日)
  • 飯田さん、反論ありがとうございます。問題はかなりはっきりしたと思います。 【モデレートなリフレ政策】0金利の解除条件を明確にし,その遵守のための法的措置を講じる 【標準的なリフレ政策】コミットメントに裏付けをあたえるため...(2010年02月28日)
  • ★★★★☆(評者)池田信夫 行動経済学―感情に揺れる経済心理 (中公新書)著者:依田 高典販売元:中央公論新社発売日:2010-02-25クチコミを見る...(2010年02月28日)
  • 銀行預金に課税して「金利がマイナス」になるようにしてはどうかというアイデアを以前のAGORAの記事(「マイナス金利」政策はいかが? )に書いて以来、いろいろご質問やご意見をいただいたので、今回はQ&A形式でそれ...(2010年02月26日)
  • インフレ目標のように、特定の数値目標を最優先して中央銀行の行動を制約することは、「平時」に政策決定の透明性や時間整合性を高める点では意味がありますが、最近の欧米のように金融仲介機能が損傷した場合には危険です。また日本のよ...(2010年02月26日)
  • 亀井静香氏からリフレ派まで、「景気対策」を求める人々がいつもいうのが「需給ギャップが35兆円もあるのだから、これを埋めるのが先だ」という話だが、これはマクロ経済学の概念を取り違えている。需給ギャップを解消することが唯一の...(2010年02月24日)
  • 問題提起の意味で、勝間和代・宮崎哲弥・飯田泰之『日本経済復活 一番かんたんな方法』についての岩本康志氏の感想を引用しておきましょう。 勝間「世界中の経済学者がデフレ脱却の処方箋を書いてくれました。答えはきわめてシンプル。...(2010年02月23日)
  • ★★★☆☆(評者)池田信夫 フリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのか著者:ジョセフ・E・スティグリッツ販売元:徳間書店発売日:2010-02-19クチコミを見る...(2010年02月21日)
  • いろいろな論議を呼んだ公開会社法が、24日に法制審議会に諮問されるそうです。これについての藤末健三議員の記事にいまだに誤解があるので、簡単に指摘しておきます。彼が「株主保護が行き過ぎている」証拠としてあげるのが「配当性向...(2010年02月20日)
  • 先週の磯崎哲也さんの記事でもふれられていたように、本年は「電子出版元年」といわれている。電子出版の場合、紙の出版のときのように印刷とか製本の手間がいらなくなるから、情報発信コストは大きく低下することになる。 日本語での情...(2010年02月19日)
  • 藤沢数希氏が私のブログ記事を引用していうように、理科系のもっとも偏差値の高い学生が医学部に行くのは、科学技術の振興が必要な日本では深刻な社会的浪費である。もちろん先端医学の研究開発は重要だが、大部分の医師は開発された技術...(2010年02月17日)
  • ★★☆☆☆(評者)池田信夫 なにがケインズを復活させたのか?著者:ロバート・スキデルスキー販売元:日本経済新聞出版社発売日:2010-01-21クチコミを見る...(2010年02月14日)
  • ジョージ・オーウェルの『動物農場』は、著者がスペイン内戦に義勇軍として参加した経験をもとに書かれた小説です。残忍で無能な農場主に虐げられてきた動物たちが、2匹の有能な豚をリーダーとして革命を起こし、「すべての動物は平等で...(2010年02月12日)
  • 『文藝春秋』3月号で、渡辺喜美氏が「わが第三極宣言」を書いている。彼が昨年、自民党を離党してみんなの党を結成したころは冷ややかにみられていたが、民主党政権があっというまにボロボロになり、自民党も生まれ変わる気配が見えない...(2010年02月10日)
  • ★★★★☆(評者)池田信夫 現代の金融入門 [新版]著者:池尾 和人販売元:筑摩書房発売日:2010-02-10クチコミを見る...(2010年02月07日)
  • 民主党政権の下で、最初の通常国会が開会したようです。 海外に暮らす私は、鳩山首相の、 「いのちを守りたい!」 というオスカル様風のスピーチをリアルタイムで聞けなかったのが残念でした。もちろんYouTubeで拝見し、楽しま...(2010年02月05日)
  • 貴乃花親方が相撲協会の理事に選ばれたというニュースは、スポーツ団体の人事にしては異例に大きく報じられました。私もふだんはスポーツには興味がないのですが、このニュースには興味をもちました。というのは、相撲協会は日本社会の「...(2010年02月03日)
  • ■■■受付終了■■■ ~たくさんのお申し込み誠にありがとうございました~ 中国は今年、日本を抜いて世界第2の経済大国になります。自動車の販売台数では世界一になり、世界の消費増の半分を占めるなど、市場としても世界最大規模に...(2010年02月01日)
  • ★☆☆☆☆(評者)池田信夫 ネット帝国主義と日本の敗北―搾取されるカネと文化 (幻冬舎新書)著者:岸 博幸販売元:幻冬舎発売日:2010-01-30クチコミを見る...(2010年01月31日)
  • 鳩山首相の施政方針演説を読んでみました。率直にいって、作文としても出来が悪い。「いのちを、守りたい」という冒頭の文句は、監修した平田オリザ氏の趣味かもしれないが、演出過剰でちっとも心に響かない。中身が単なるバラマキ福祉に...(2010年01月30日)
  • 名護市長選挙で、米軍基地の辺野古移転に反対した稲嶺進氏が当選したことで、日米合意の実現は絶望視されている。これについて平野官房長官が「民意を斟酌する必要はない」と発言したことが地元の反発を呼んでいるが、市長選で表明された...(2010年01月27日)
  •  池田先生が書評として、学歴インフレの問題を取り上げられています。早稲田の政経でも一般入試は40%しかいないという話には驚きましたが、ここで指摘されていることは重要な問題であり、もっと注目されてもよいと思います。重複する...(2010年01月26日)
  • 井上さんの記事で指摘されているように、「環境産業で成長する」というスローガンは、民主党も自民党もみんなの党も成長戦略に掲げていますが、誤りです。これは野口悠紀雄氏も指摘していますが、政治家のみなさんは理解していないような...(2010年01月24日)
  • ★★★☆☆(評者)池田信夫 学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識著者:海老原 嗣生販売元:朝日新聞出版発売日:2009-12-18クチコミを見る...(2010年01月24日)
  • きのう週刊東洋経済の企画でホリエモンと対談したとき、彼が「団塊の世代は自分が死ぬまで国債バブルはもつと思っているんだろうけど、みんな長生きするからそれは錯覚だ」といっていた。団塊の世代(62歳前後)の平均余命はあと23年...(2010年01月20日)
  • 民主党の小沢幹事長の元秘書らの逮捕で、「検察の暴走だ」とか「マスコミは検察の未確認情報を無批判に垂れ流している」という批判が出ています。たしかに、今のところ明らかになった事実は政治資金報告書の不記載だけで、普通は逮捕する...(2010年01月18日)
  • ★★★☆☆(評者)池田信夫 マイケル・ポランニー 「暗黙知」と自由の哲学 (講談社選書メチエ)著者:佐藤 光販売元:講談社発売日:2010-01-08クチコミを見る...(2010年01月17日)
  • 民主党の小沢幹事長の元秘書などが逮捕されたニュースは、いったん落ち着いたと思われていた問題にあらためて火をつけました。まだ事実関係がはっきりしませんが、これまで報道されただけでも驚くべき事実が含まれています。それは小沢氏...(2010年01月16日)
  • アゴラにアクセスしていただいている読者の皆様、遅ればせながら今年もよろしくお願い申し上げます。 新年早々いささか賞味期限の切れたトピックで恐縮ですが、 昨年12月の天皇陛下と習近平副主席との特例会見に関して私見を述べさせ...(2010年01月15日)
  • 産経新聞によると、自民党が24日の党大会で発表する運動方針案は「保守色を前面に出した」ものだという。私は「自民党は保守主義で再生せよ」と書いたので、これは一見けっこうなことだが、その内容をみて唖然とした。産経によれば、そ...(2010年01月13日)
  • ■受付終了■ ~たくさんのお申し込み誠にありがとうございました~ Googleは検索、広告といったコンシューマ向けサービスだけでなく、現在では、様々な企業向けITサービスを開発、展開しています。クラウドコンピューティング...(2010年01月10日)
  • ★★☆☆☆(評者)池田信夫 「天下り」とは何か (講談社現代新書)著者:中野 雅至販売元:講談社発売日:2009-12おすすめ度:クチコミを見る...(2010年01月10日)
  • 菅財務相が記者会見で「消費税の引き上げより予算の無駄を排除するのが先だ」とのべました。これは民主党のマニフェストにそった話ですが、そこで約束した「特別会計もあわせた200兆円の歳出の1割カット」はまったくできず、事業仕分...(2010年01月09日)

過去の記事

ページの先頭に戻る↑