「 %E8%93%AE%E8%88%AB 」の検索結果を表示中:195件

  • 超人スポーツゲームズ@國學院大學。 4競技の協議会と5つの体験会を開催しました。 稲見昌彦超スポ協会共同代表とごあいさつ。 技術と文化と身体の融合。オリンピックに出場する人もパラリンピックに出る人も超人。 でも、ぼくもわ...(2018年06月21日)
  • 5月29日の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で、わたしのインタビューと再現ドラマ「オウム麻原の娘衝撃の人生」が放送されました。 取材や資料をもとに丁寧に取り扱ってくださって、本当にありがたく、感謝しています。ここまで丁...(2018年06月03日)
  • 昨日(29日)放送された「ザ・世界仰天ニュース」はご覧になりましたか。 このような形で放送していただけたことに、時代の変化を感じています。 事件後、「アーチャリー」の名前は、マスコミによってネガティブな意味で拡散され、私...(2018年05月30日)
  •  「しまリアル」さんが過去の蓮舫発言を発掘し、ツイートされたことで話題になっている。 それによると、かつて蓮舫氏は、「本当に帰化したことに後悔はないのか」と訊かれ、次のように答えていた。 食堂に置いてあった95年位の雑誌...(2018年05月18日)
  • 森友学園の問題がますます広がりを見せています。 次々に隠されていた事実が出てきて、これまでの安倍総理や麻生財務大臣らの国会答弁の多くがウソだったことが明らかになりつつあります。 昨年からこの問題を国会で取り上げてきた私自...(2018年03月22日)
  • 著者デビューする前から、毎年、この時期になると今年、印象に残った本を10冊紹介している。その年に刊行された本で、趣味で読んだ本(だから、労働分野の本や、書評の寄稿を依頼された本は入らない)の中から、順番を付けずに選ぶとい...(2017年12月30日)
  • 12月8日、東京地検特捜部は、JR東海発注の名古屋市内のリニア新幹線工事をめぐって、スーパーゼネコン大林組に「偽計業務妨害」の容疑で捜索を行った。 リニア工事全体は「巨大な利権」でもあり、当初、JR東海単独の資金で行うと...(2017年12月26日)
  • アムスです。 アム(川)、ステル(港)、ダム(堤防)でアムステルダム。 だからアムスと呼ぶのは、イブサンローランをイブサンと呼ぶ関西のおばはんのようなものです。 巨人の星、「思い込んだら」を「重いコンダラ」と思い込んでる...(2017年11月23日)
  • 李王朝のころから朝鮮・韓国がその外交的な立場を悪くしてきた主たる原因のひとつが、その無礼さにある。 明治維新ののち、それまでの対馬藩を通じての前近代的な関係に代えて万国公法にもとづく近代的な国交を樹立しようと申し入れたと...(2017年11月08日)
  • 民進党の新代表に大塚耕平氏が決まった。一部に知名度不足を指摘する声もあるようだが、「朝まで生テレビ」に出演する民進党の論客ではおなじみの一人。日銀出身で、民主党政権時代には厚労副大臣として社会保障政策、内閣府副大臣として...(2017年11月01日)
  • フリーライターの山田高明さんがブログで、「アゴラ砲に殺された民進党」という記事を書いている。 民進党は今現在、哀れなプラナリアのように四つの勢力に分裂して生き長らえている。今回の選挙結果が一連のプロセスの区切りだとしたら...(2017年10月30日)
  • アゴラチャンネルにてアゴラ編集長の新田哲史のVlog、「法律より蓮舫が大事?元朝日・野嶋記者の詭弁」を公開しました。 蓮舫氏の二重国籍問題を巡って「公選法に二重国籍の排除規定はない」などと同氏を擁護してきたのが元朝日新聞...(2017年07月25日)
  • 蓮舫さんが若い頃、なにか格好良いことのように二重国籍を自慢していたことがある。しかし、一人の人間が二人分の権利や義務をもつことが不自然であることはいうまでもない。 ハーフなら半分ずつですからいいのですが、デュアルというの...(2017年07月17日)
  • 6月最初の週末を迎え、都内各地で、各党が決起大会や街頭活動を繰り広げ、世の中が「都議選」モードに入ってきた。イノベーション政策を投票の判断材料の一つにし、また、個人会社のほうで都内地方議員の「シェアリングエコノミー」(共...(2017年06月04日)
  • きょう(6月1日)は、小池百合子氏が率いる都民ファーストの会が初の党大会をやるが、朝からSNSを眺めていたら、目を疑うような、それも小池新党とは全く好対照な政界ニュースを2本見て暗澹とさせられた。まず、これだ。 民進、加...(2017年06月01日)
  • 政治ではなく性事に励む自民党のゲス若手議員たちにも困ったものだが、突き詰めると、与党議員がそんな体たらくになっているのは、ジェラルド・カーティス先生の言葉を借りれば「野党が戦後のどの時代より最も弱い」から緩みきっているこ...(2017年04月22日)
  • 4回目となる野球の国・地域別対抗戦ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が6日、ソウルで開幕。強豪の韓国が、なんと初出場のイスラエルに延長十回の末、1−2で敗れる波乱の幕開けとなった。日本はきょう7日、強豪キューバ...(2017年03月07日)
  • クアラルンプールの事件については、金正恩の指令によるものというのが確率は高いのは当然だ、その可能性が極めて高いというだけで、現在のところは完全に立証されたわけではない。 殺人事件は、下手人とその背後にいる人物が特定され、...(2017年02月19日)
  • 4月刊行の本をいったん書き上げた。厳密には、先週の金曜に入稿していたのだが、さらに加筆をし。実に1年半ぶりの書き下ろしの新作である。今年の書き下ろしの単著は今のところ、これだけ。いや、もう1冊、連載に大幅に加筆した、書き...(2017年02月11日)
  • アゴラチャンネルにてアゴラ編集長の新田哲史さんのVlog、「日本では30年前から⁈“Post-Truth”論」を公開しました。 米大統領で機に日本のメディア関係者の間で急に注目されている「Post-Truth(脱真実)」...(2017年01月10日)
  • 蓮舫二重国籍騒動については、選挙区で正月休みを過ごした民進党代議士さんたちは、蓮舫さんの異様な行動がいかに民進党の支持者にも厳しい目で見られているか肌で感じたと聞く。ちょうど、私の「蓮舫『二重国籍』のデタラメ」(飛鳥新社...(2017年01月05日)
  • アゴラチャンネルにてアゴラ編集長の新田哲史さんのVlog、「蓮舫問題に見るポリコレ」を公開しました。 動画内で紹介されている書籍はこちらから 蓮舫「二重国籍」のデタラメ  —八幡和郎 ☆★☆★ You Tub...(2016年12月22日)
  • 都議会の公明党が自民党と袂を分かち、小池都政に協力する方向へと舵を切った。拙著「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?」では2017年の小池都政を少し占っているが、率直に行って想定を超える事態だった。 今後、小...(2016年12月16日)
  • アゴラチャンネルにてアゴラ編集長の新田哲史さんのVlog、「ネットには”神様”がいる?!」を公開しました。 新田編集長のおすすめ本のご紹介! 一冊は、前回の参議院選挙でネット選挙を行い異例の29万票を獲得した山田太郎氏の...(2016年12月08日)
  • ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか [単行本] ドン・タプスコット ダイヤモンド社 ★★★★☆ IT業界では毎年のように「革命」が起こってい...(2016年12月07日)
  • 蓮舫氏の二重国籍問題を追及してきた我々としては、非常に注目したい。あす12月7日、安倍総理と蓮舫氏による初めての党首討論が行われる。11月末になって決まったものだが、蓮舫氏とアゴラの“攻防戦”を振り返った拙著「蓮舫VS小...(2016年12月06日)
  • いよいよ今週は拙著「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?」(ワニブックス)の発売とあって、国内政局を中心に「世論ゲーム」ネタを書こうと思って一部仕込みもしていた矢先、ちょっと驚くような“暴露”記事があったので...(2016年12月04日)
  • 歳末に入り、年明けの解散風をそれなりに感じ始めたのか。民進党がきのう(12月1日)、次期衆院選公約のうち「経済政策」を発表したらしい。党の公式サイトには、番記者が入手しているであろう原案のペーパーは、当日中にアップロード...(2016年12月02日)
  • 私は、「耕作員」である。島耕作の大ファンだ。単行本は全部持っている。 島耕作クロニクル 40th 1970~2010 -サラリーマン生活40周年記念エディション- (KCデラックス) [コミック] 講談社 2010-04...(2016年12月01日)
  • 共同通信の世論調査で、安倍政権の支持率が一気に6.8ポイントも上昇して、60.7%に達した。アゴラでも「解散風がまた吹き始めた」(早川忠孝氏)と指摘する記事も載り始め、衆参ダブル選挙の話もあった今年の春頃ほどの緊迫感はな...(2016年11月29日)
  • 親友の国政介入疑惑スキャンダルで揺れる韓国の朴槿恵大統領が、国会で弾劾を議決され、職務停止に追い込まれる可能性が高まってきた。政権支持率は4%と墜落寸前で、韓国は大混乱だ。私は韓国事情について記事を書くには、ロッテのお家...(2016年11月27日)
  • アゴラ執筆陣の一人である、上田令子都議(かがやけTokyo)がきょうのお昼のフジテレビ「バイキング」にスタジオで初出演する予定だそうだ。 「ついに上田さんもテレビ進出か」と感じた次第だが、それにしても「政治とメディア」を...(2016年11月25日)
  • 石原プロモーションの元専務、小林正彦氏が10月30日、虚血性心不全のため亡くなった。享年80。「西部警察」などテレビドラマのスケールを超える作品で世間を驚かせてきたプロデューサーとしての辣腕ぶりはファンにお馴染みで、私も...(2016年11月24日)
  • アゴラで今夏、私が書きおろした都知事選連載「翻弄」は、もっともヒットした記事が転載先のヤフーニュースで300万PVを超えるなど多くの反響をいただいた。「日本一早い都知事選連載」の触れ込みで舛添都知事が辞意を表明する約1か...(2016年11月22日)
  • 本書のタイトルはわかりにくいが、「持ちこたえる」の目的語は「金利上昇」あるいは「国債暴落」だろう。つまり日銀がこのまま量的緩和を続けて金利が上昇した場合に、そのバランスシートはどうなるのかという話だ。 答は明らかである:...(2016年11月22日)
  • どうも新田です。12月上旬に、2冊目の著書となる「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?」をワニブックスさんから出すことになりました。「初の女性首相候補」として注目を集めてきた2人ですが、かたや二重国籍問題で迷...(2016年11月21日)
1 / 6123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑