「 薬剤師 」の検索結果を表示中:78件

  • そんじょそこいらの薬剤師の年収が、大した仕事をしていないのに高い、といった意見は、ネットだけではなく、僕は人から面と向かって言われた事がある。 今回は、薬剤師はスキルの低い職業だ、などの個々人の捉え方は置いといて、どうし...(2018年04月17日)
  • 薬学部は不要と言われれば不要です。旧司法試験のように、薬剤師国家試験の受験資格を薬学部の卒業を要件とせず、中卒なり高卒なりに薬剤師国家試験を受験させて、その合格者を旧司法修習生のようにカリュムカムを組んで、科学実験により...(2018年04月15日)
  • 「白衣姿で街を飛び回る」将来像 薬剤師さんについて、日常的に感じていることを投稿しましたら、思いがけないほど多数のコメントが寄せられました。4本目を総まとめにして終わりにするつもりでした。それにも100件以上のコメントが...(2017年11月30日)
  • 金本位制の経済では、日本円は金に裏付けられた価値があり、金貨と日本貨幣は交換可能であった。 しかし現代日本では管理通貨制度であり、貨幣の価値は政府または日本銀行の政策によって裏付けられるため、その価値は不安定である。ゆえ...(2017年11月22日)
  • 薬剤師会に質問したらやはり 私はブログを仕事の一部にしているブロガーでもなく、まして医療の専門家でもありません。以前から疑問に思っていた薬剤師の不労所得論の4回目を書いてみました。 コメント数は初回の「医療費を食う薬剤師...(2017年11月18日)
  • AI化の遅れが生む割高な医療 「医療費を食う薬剤師の不労所得」(10月30日)をブログで書いたところ、アクセス、抗議のコメントも異常な件数に上り、これに応える形で「薬剤師の不労所得論に殺到した抗議に反論」(11月2日)を...(2017年11月07日)
  • 無名の筆者に異常な数のコメント ブログで「医療費を食う薬剤師の不労所得」(10月30日)を取り上げたところ、アクセス件数もコメント数も、普段の何十倍という異常な数にのぼりました。感情的な批判論が過半数で、批判されたことに...(2017年11月03日)
  • アベノミクスは聖域に踏み込め 病院、医院によく通う年齢になり、薬剤師および彼らの仕事場である調剤薬局に強い不満、疑問を抱くようになりました。財政赤字を医療費の増大が生み、かれらの不労所得が医療費の増大をもたらす一因になっ...(2017年10月31日)
  • 第100回薬剤師国家試験結果が発表された。 合格率は事前予測より若干高かった。薬剤師国家試験の合格基準は絶対評価である。よって、問題水準が同じであるなら、受験生の学力は少し高くなったということになる。 しかし、カラクリが...(2015年04月16日)
  • 医療費が膨らんでいる。厚生労働省が昨年発表した平成24年度の医療費は38兆5850億円。10年連続で過去最高を更新している。医療費の50%以上が65歳以上の高齢者に対するものだ。 今年4月に増税がなされるが、医療に限らず...(2014年04月08日)
  • 昨年から、日本薬学会は、8年制薬剤師を提唱している。...(2014年03月29日)
  • きょう楽天の三木谷浩氏が記者会見し、ネット販売を規制する薬事法改正が行なわれたら、産業競争力会議の民間議員をやめる考えを表明した。これに先立って厚労省は、薬のネット販売を5品目について禁止し、23品目について規制する方針...(2013年11月06日)
  • 教育の投資収益は、教育学における一大テーマであり、論文も成書もたくさんある。僕はそのうちの一部しか読んでいないが、先行研究に欠けている部分を見つけた。 世代交代だ。...(2013年09月17日)
  • 今回は、写真で薬剤師教育の実態を見てみよう。...(2013年05月04日)
  • 2011年度の国民医療費は37.8兆円と過去最高になった。現役世代よりも医療を必要とする高齢者の割合が増えたことや医療技術の進歩といった要因が影響しているが、国民医療費の増加に影響した重大な要因が存在する。それは、薬局調...(2012年09月01日)
  •  20年以上まえに放棄されたはずの論点をまた蒸し返す人がいるので、フォローしておく。...(2010年03月31日)
  •  30年以上前から、日本薬剤師会は医薬分業を金科玉条のごとく唱えてきた。彼らは厚生労働省と一体になり、医薬分業を推進してきた。  素人向けに説明すると、「医薬分業」とは、処方権を医師に、調剤権を薬剤師に、それぞれ独占させ...(2010年03月24日)
  •  私は医師であると同時に薬剤師である。管理薬剤師を3年ばかりやっていたこともある。  ここで述べることは、業界内の人間にとっては、ほとんど常識とも言うべき事柄であるが、マスコミやWebに流れることはない。業界にとって不利...(2010年03月07日)
  • 「日本の薬学教育―医療の質を高める薬剤師を」という本がある。 著者は林一、共立薬科大学(現慶応大学薬学部)において、物理学を教えていた教員だ。 曰く、 「薬剤師の仕事はおろか、薬の研究すらしたこともない教員が、薬の学を教...(2009年11月23日)
  • 医薬品のネット販売には2014年施行の改正薬事法(現医薬品医療機器法)が適用される。一般用医薬品(大衆薬)は適切なルールの下で全てネット販売可能とするが、処方薬から処方箋なしで購入できる大衆薬に変わって3年以内の薬は「要...(2018年07月05日)
  • 最先端高度医療だとか遠隔地医療だとか、一般紙にも文字が踊る。さも、日本の科学技術で医療が進歩しているかのように思えるが、実際にはそんな事は全くない。 例えば、各医療機関への連絡は、未だに電話やファクシミリ、そして郵便で行...(2018年04月16日)
  • 今回の報酬ダウンは調剤薬局の調剤報酬が集中砲火を浴びそうです。 診療報酬の改定を審議する中央社会保険医療協議会が調剤薬局の利益10%が吹っ飛ぶ基準調剤加算の廃止を発表しました。その背景には日本医師会の政治力が反映されてい...(2018年01月21日)
  • IBMのワトソン(人工知能)のコマーシャルで、開業医が遺伝子解析結果を扱っている場面が紹介されている。人工知能は、専門的な知識を持たなくても、最先端の結果をユーザーが利用することを可能にする。日々更新されていく新しい技術...(2018年01月04日)
  • 積極的に価格を開示しない 調剤薬局、薬剤師について批判的な記事を11月に5回、書きましたらたくさんのコメントが寄せられました。最近、また気になったのが価格の安い後発医薬品(ジェネリック)の普及のことです。厚労省は医療費を...(2017年12月29日)
  • 先回の投稿で調剤薬局での薬剤師の零売について、大方理解してもらえたと思う。 登録販売者制度などは実は必要なかった ※この投稿の読者から、登録販売者不要論と捉えられるタイトルだとクレームを受けた。僕はかつて、登録販売者制度...(2017年12月12日)
  • 皆さんは調剤薬局の薬局薬剤師による「零売」をご存知だろうか? 医師が処方する医薬品のうち、薬理作用が強い毒薬や劇薬、危険性が高いため注意が必要なハイリスク薬、そして発売して間もない新薬。また、習慣性医薬品と呼ばれる睡眠薬...(2017年11月29日)
  • 電波オークションが話題を呼んでいます。これは国有地を競売にかけるのと同じ当たり前のことですが、OECD諸国の中で日本だけがいまだに「社会主義」で周波数を割り当てています。日本人が市場原理や資本主義をきらうのは深い理由があ...(2017年09月15日)
    PR
  • 医師、弁護士、公認会計士、司法書士・・・等々の国家資格は、一度取得すると(剥奪されない限り)一生涯有効な資格です。 しかし、昨今は技術進歩と共に社会制度も、従来では考えられないスピードで変化しています。 このような時代に...(2017年09月13日)
  • 7月8日放映のBS朝日「激論!クロスファイア」(司会:田原総一朗氏)に、元大蔵官僚の高橋洋一氏とともに出演した。 森友学園問題・加計学園問題に関して、安倍内閣の不誠実な対応、疑惑の高まりで、安倍内閣への支持が大きく低下し...(2017年07月10日)
  • 加計問題、ようやく議論が正常に向かっているようです。 ぼくは本件は岩盤規制が本質という立場です。政権の強引な手法が問題だという人も多いけど、それだけ無茶に「行政をゆがめ」ても獣医学部50年の岩盤は1個しか砕けない、という...(2017年06月28日)
  • 人はなんのために眠るのだろうか。実は科学的にもはっきりとした決着はついていない。当然ながら明確な定義も存在しない。確実にいえることは、睡眠の質が悪いと仕事のパフォーマンスが落ちるということだ。 本日、紹介する『できる大人...(2017年04月28日)
  • 人はなんのために眠るのだろうか。実は科学的にもはっきりとした決着はついていない。当然ながら明確な定義も存在しない。一ついえることは、自分らしく生きるために眠ることは大切だということだろう。 本日、紹介する『できる大人9割...(2017年04月14日)
  • 学歴と年収には相関関係があると言われています。就職情報を提供しているDODAの調査結果によると、卒業生の平均年収が上位の大学は、薬剤師になる薬科大学を除けば、東大、京大、一橋大、東工大といった有名大学になっています。 し...(2017年03月20日)
  • 2013年5月10日の記事の再掲です。 放射線についての公的な理解を促進する科学者グループ (SPUR: Scientists for the Public Understanding of Radiation) (写真...(2017年02月10日)
  • 3月4日、厚生労働省は、2016年4月スタートの診療報酬改定を告示しました。 診療報酬とは、医療機関及び薬局が保険医療サービスに対する対価として受け取る報酬、分かりやすく言えば「保険診療の料金」です。全ての技術・サービス...(2016年03月08日)
  • 自民党公認で参院選への立候補を表明された今井絵理子さんに批判的な声が多いようです。=写真、自民党サイトの出馬会見記事より、アゴラ編集部= そこで、あえて擁護論を展開してみたいと思います。 ちなみに、世代は重なるんですが、...(2016年02月13日)
1 / 3123

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑