「 ev 」の検索結果を表示中:3222件

  • 石油がまもなく枯渇するという「ピークオイル」をとなえたアメリカの地質学者ハバートは、1956年に人類のエネルギー消費を「長い夜に燃やす1本のマッチ」にたとえた。人類が化石燃料を使い始めたのは産業革命以降の200年ぐらいで...(2017年12月05日)
  • トヨタ自動車が、ようやく電気自動車(EV)に本腰を入れ始めた。今までも試作車はつくっており、技術は十分あるが、「トヨタ車として十分な品質が保証できない」という理由で消極的だった。それが今年の東京モーターショーでは次世代の...(2017年11月08日)
  • 今日の日経夕刊に以下の記事が載ったことで、私は2010年に財務省の高官と彼の執務室で交わしたある議論を思い出した。 欧州委、EV電池版エアバス設立へ 来年初めに行程表  【ミュンヘン=深尾幸生】欧州連合(EU)の執行機関...(2017年10月12日)
  • こんにちは。株式会社電力シェアリングCEOのNick Sakaiです。 トヨタ自動車は9月28日、マツダ、デンソーと共同で電気自動車(EV)の基幹技術の開発を行う新会社を設立したと発表しました。 EV量産に向けた技術や開...(2017年10月03日)
  • JBpressの私の記事を「中国語に訳したい」という問い合わせが来た。中国は内燃機関で日本に勝てないことは明らかなので、EVで勝負しようとしているのだ。それは1980年代に日本に負けたインテルなどの半導体メーカーが取った...(2017年09月23日)
  • 友人が「ガソリンの税負担と国庫へのインパクト」についてツッコミ不足では、とFBでコメントしていた掲題記事を読んで、筆者は、思い込みが先にあると、こういう書き方になるのでは、という感想を持った。 「燃費効率の高い車種の普及...(2017年09月18日)
  • 世耕経産相は「EV(電気自動車)の潮流は拡大してきているが、いきなりEVにいけるわけでもない」と述べ、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)などいろいろな次世代自動車がある中で「戦略的によく考えて中長期...(2017年09月17日)
  • エネルギー基本計画の改定に向けた論議が始まったが、先週の言論アリーナで山本隆三さんも指摘したように、今の計画はEV(電気自動車)の普及をまったく計算に入れていないので、大幅に狂うおそれが強い。 新しい計画では2050年ま...(2017年09月05日)
  • 最近にわかにEV(電気自動車)が話題になってきた。EVの所有コストはまだガソリンの2倍以上だが、きょう山本隆三さんの話を聞いていて、状況が1980年代のPC革命と似ていることに気づいた。 今はPC業界でいうと、70年代末...(2017年08月30日)
  • JBpressの記事は、今のところ入手可能な資料でざっとEV(電気自動車)の見通しを整理したものだが、バランスの取れているのはEconomistの予想だと思う。タイトルは「内燃機関の死」だが、中身はそれほど断定的ではない...(2017年08月18日)
  • Jack Reacher: Never Go Back (Movie Tie-in Edition): A Novel [CD] 元米軍の優秀な秘密捜査官だったジャック・リーチャーは、今は街から街へとあてもなく放浪を続け...(2016年11月12日)
  • 長島大陸に、超小型EV(電気自動車)「COMS」がやってきました! 早速、離島の獅子島で試乗会を開催しました。 COMSの可愛い姿に、大人も、子供も興味津々。 「これならおじいちゃん・おばあちゃんも安心して乗れるね~」 ...(2016年06月15日)
  • 日産自動車といえば瀕死の重傷からカルロスゴーンマジックで奇跡の回復を遂げたドラマになるような歴史が印象的です。ヒット作品に恵まれず売れない車が山積し、借入金が2兆円を超えた1999年、ルノーとの提携が実を結び、ゴーン氏が...(2013年11月18日)
  • アメリカン・ホンダ(ホンダの米国現地法人)が11月11日、ロサンゼルスで行われているオートショーで新型の燃料電池電気自動車を発表しました。これがホンダのプレスリリースです。スケッチを見ると、なかなか斬新なフォルムでかっこ...(2013年11月12日)
  • 人間の技術が、どう進化発展してきたか、と言えば、それは「戦争」を含んだ「競争」の影響が小さくありません。競争のないところに進化はない。自動車や飛行機も同じで、両方とも第一次世界大戦の経験を踏まえて能力が飛躍的に向上しまし...(2013年11月05日)
  • 電気自動車モデルSでブレークしたテスラの株価がどんどん上昇してきています。イーロン・マスクCEOが所有する資産の評価額が1日で5億7000万ドル(約550億円)増えたといった記事もありました。 米テスラCEOの資産、1日...(2013年08月19日)
  • トヨタ自動車が究極の次世代自動車として注目を浴びるFCV(Fuel Cell Vehicle、燃料電池自動車)を2015年から日本のみならず、アメリカでも発売すると発表しました。つい数年前には電気自動車が紹介され、大きな...(2013年06月15日)
  • EV(電気自動車)に関しては、岡本氏の「EVが普及しないこれだけの理由」や大西氏の「いくら夢や理想を語っても、充電スタンドをつくっても電気自動車は普及しない」をはじめ、さまざまなメディアで航続距離の短さや充電施設の不足、...(2013年03月14日)
  • 日産リーフはカルロス・ゴーン社長が満を持して発売した電気自動車でした。当初一回の充電で160キロ走れるというのが話題になり、2016年までに世界で150万台を売る計画を立てたものの2010年から12年末までにわずか5万台...(2013年03月10日)
  • 電気自動車(EV)がそろそろ本格的に導入され始めるか、と言われてかなりたちます。トヨタもEV市場へ本格参戦、なんて報道もありました。しかし、どうも普及は遅々として進みません。トヨタも販売じゃなくリースするらしい。普及しな...(2012年09月25日)
  • 「競争力への影響は」「欧米が日本に対抗する理由は」「日本が世界規格を押えて成功した事例は」「世界規格を押えるにはどうすべきか」。5月22日に電気自動車(EV)の充電規格CHAdeMO(チャデモ)協議会の志賀会長(日産)が...(2012年05月25日)
  • アゴラの記事もジョブズで埋まってすみません。。。 スティーブ・ジョブズが亡くなってからもう1週間が過ぎようとしている。仕事がらApple Store銀座に立ち寄ることが多く、毎日たくさんの献花を見るにつれ、あ~、本当に亡...(2011年10月11日)
  • 日本では、何かとApple社の製品を誉めそやす人々を“Apple信者”と貶めて呼ぶ者がいる。「信者」と呼べば蔑視したつもりの、日本だけで通用するこの呼称。しかし、言われた側はそれをむしろ歓迎し誇らしく受け入れている。 彼...(2011年10月09日)
  • 実際に会ったこともない人に、こんなにも言葉にもならない感情を抱くのは初めてだ。 ありがとう、スティーブ・ジョブズ。 CNNにとても印象的なビデオがあがっているので、彼の生前の姿や声を聞いてほしい。 Apple found...(2011年10月06日)
  • 最近沈思黙考中で、やや情報発信力において、例年になく弱まっている小川です(笑)。 3月は公私ともにばたばた状態で、アウトプットどころかインプットさえままならない状態だったのです。 しかし、それもそろそろ終わりで、来週は月...(2010年03月26日)
  • 後編こそが本題です。 そのまえに、前編の補足しておきましょう。 1. まず僕はホンダのクルマのオーナーであったことはあってもトヨタ車を買ったことはありません。トヨタ2000GTは好きですが(トヨタ2000GTも純正なトヨ...(2009年06月09日)
  • 2009年5月18日にトヨタは、メディア向けの新型「プリウス」発表会で、ホンダのハイブリッドカー(HV)であるインサイトを、徹底的にこき下ろすという寸劇を行ったことをご存じの方も多いかと思います。 トヨタは、この寸劇で、...(2009年06月09日)
  • テスラモーターズを知っているでしょうか。 僕は「最近気になるベンチャーは?」という質問に対して、ここ何年かは決まってこのテスラの名前を挙げることにしています。 テスラモーターズは、環境保護に配慮したエコカーである、EV(...(2009年05月24日)
  • スペインの首都マドリードを訪問した経験のある人は必ずスペイン広場を訪問するはず。そこにはドン・キホーテとサンチョ・パンサの像を見ることができる。その像を正面から見ると、直ぐ後ろに横幅の広い背の高い建物に気づくはずだ。エデ...(2018年12月17日)
  • この度、初の著作となる「ノックととおるのはざまで」(ワニブックス)を出版することになりました。タイトルをみてもお分かりの通り、横山ノックさん、橋下徹さんという2人のカリスマ知事に挟まれ、しばしば比べられてきた私自身の思い...(2018年12月17日)
  • こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。 今週半ばから順次、クラウドファンディングのリターン品をパトロン(支援者)の皆さまに発送しております。 Tシャツ・うちわ・ステッカーと、どれも初めてつくるグッズだったの...(2018年12月16日)
  • 米国ABCニュースはアップルウォッチが心房細動を見つけて命を救ったと伝えている。要旨は次の通りである。 バージニア州の46歳男性は、夜寝る前に、アップルウォッチから心臓の異常を警告された。朝起きてもう一度試すと心房細動と...(2018年12月15日)
  • 課長島耕作という漫画が、サラリーマンの間で一世を風靡しました。 アウトローな主人公が、仕事で頭角を現し、女性にもチヤホヤされながら、出世していくという、男性読者があこがれるストーリー。自分のサラリーマン人生とクロスオーバ...(2018年12月12日)
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)が12月5日に公表したベージュブック(10月半ばから11月末までカバー)によると、米経済の拡大ペースは前回通り「緩慢、あるいはゆるやか(modest or moderate)」とした。景況判...(2018年12月12日)
  • 12月11日付け日本経済新聞の社会面に、「危険運転は不成立 東名あおり 弁護側改めて主張」という記事が掲載されていた。 同記事には、「…妨害行為を繰り返し、追い越し車線上に停止させた。約2分後に大型トラックが追突し…」と...(2018年12月12日)
  • 報酬過少記載「重要事項」が焦点 ゴーン元会長再逮捕:日本経済新聞 先日も書いたように有価証券報告書は投資家、潜在的投資家、銀行等のためのものだが「ゴーン氏の報酬が20億円ではなく10億円との表記で投資判断を変えた人がいた...(2018年12月11日)
1 / 90123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑