西村経済再生担当大臣の研究会にメルカリ取締役会長 小泉が参加

2020年12月25日 06:00
f:id:merpoli:20200221061427j:plain

※ 写真は2月のメルカリカンファレンス時に西村康稔 大臣からビデオメッセージをもらったもの

12月22日、西村経済再生担当大臣が主催する「第一回 日本の組織変革に関する研究会」が開催されました。

この研究会は、「日本の組織を開放し、個人が組織に縛られすぎず、自由に個性を発揮しながら、付加価値の高い仕事ができるよう、日本の組織の変革に関する課題を検討するため」のものです。

西村経済再生担当大臣のほか、メンバーとして大湾 秀雄氏、冨山 和彦氏、夏野 剛氏、間下 直晃氏、米良 はるか氏、メルカリから取締役会長の小泉 文明(以下、小泉)が参加しています。

第一回の会合では、女性、若者、外国人といった多様な人材の活用、新陳代謝や企業再編など幅広い議論がなされました。

小泉からは、起業家・企業経営者が2度、3度とチャレンジできる流動性、グローバルな人材獲得競争や上場企業が目先の黒字よりも大きな成長を見据えて投資することの意義についてコメントをしました。

<参考>

(安井 暢高)


編集部より:このエントリーは、メルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」の2020年12月24日の記事より転載させていただきました。掲載を快諾いただいたメルカリグループに感謝いたします。オリジナル記事をご覧になりたい方は「merpoli」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
メルカリグループが送る政策企画分野の情報発信媒体

過去の記事

ページの先頭に戻る↑