人生で大切なことはすべて上杉隆さんから学んだ

上杉隆さんがまた炎上しています。

上杉隆 弟妹&元部下が告発“反権力ジャーナリスト”の正体「AIの中身は人力」「女性3人を妊娠」「80代実母を恫喝」

上杉さんはこの動きに対抗しているようですが、火に油を注いでいるように見えます。

女性スキャンダル報道のジャーナリスト上杉隆氏 NHK党の反撃会見を土壇場で欠席

なぜか当事者の上杉さんが不在の会見でしたが、盟友の立花孝志さんですら、「上杉幹事長は、もはや言論には言論を…という境界は越えている」と述べています。

上杉さんの池上彰さん批判に感動する

この事件とは関係なく、先日私は、上杉隆さんの動画を見ました。

池上彰さんが「トランプ前大統領は人権問題にまったく関心がなかった」とテレビで発言して炎上していましたが、その経緯を調べていたら、たまたま上杉さんのYouTubeチャンネルに出くわしたのです。

上杉隆さんのYouTubeチャンネル

ここでとても鋭いことを言っています。上杉さん曰く、

池上彰さんはジャーナリストとして失格である。

それは取材源の典拠を示さないからだ。

多くのフリージャーナリストが現場で奮闘している。その労に報いるためにも池上さんは情報源に触れるべきだ。

私はNHK時代からお世話になっているが、池上さんのこの姿勢を批判してきたために、池上さんとは共演NGになった。

と、この話だけ聞くと、池上彰さんにすら忖度しない気骨のジャーナリストという感じになって、「けっこう感動する話」です。

でも、よく思い出してください。上杉さんは、この池上さんへの評価と、上杉さん自身が「読売新聞」のデータを剽窃して自分が調べたように発表してその著作権を侵害した件とどう折り合いをつけるのでしょうか。

以前も、「一部ネット上で「ウソ杉」「デマ杉」などと叩かれまくっているジャーナリストの上杉隆氏の名誉回復を祝い、励まそうという会」が結成されたことがありましたが、その発起人はそうそうたる面々でした。

ぼくがとても興味があるのは、上杉隆さんがなぜこれほどまでに人気者なのかということです。

上杉さんの経歴や発言、行動がひじょうに微妙だということは、今に始まったことではありません。

人なぜ上杉隆さんにはまってしまうのか

先述の池上さんへのコメントのように、彼の話は人の心を動かします。彼の言葉は人の心を動かす「なにか」があります。その「なにか」を信じてしまうと、容易に彼の応援団になってしまいます。

彼のひとつひとつの発言は、その場限りにおいては、正鵠を射ている場合も多いです。でも、それを全部並べるとすぐ適否はわかるのですが、人は調べるという労を惜しんで、その場で感動するものを脊椎反射的に肯定してしまいます

その場限りの言論に重きを置きすぎている気もする

ジャーナリズムの世界は、「その人」よりも、「その発言」で適否を判断するという一般社会とはちがうルールが適用されているのかもしれません。実社会はジャーナリズムの世界とちがいます。動くお金のケタがちがうので、騙されたら人生一発アウトになる可能性が高いので、その人の発言の適否の判断は慎重になります。

じっさいのビジネスの世界では、「キラキラしていること」だけを言う人は、ことのほか気をつけてお付き合いしなくてはなりません。私もお仕事をいただくときに気をつけているのは、その人がその場で「どんな言動をしているか」「どんな素敵なプランを語っているのか」ではなく、「今までどんな行動をしてきたか」です。

どれだけに言葉選びが巧みで素晴らしいことを言っても、過去に同業他社への発注がめちゃくちゃだったり、適切な仕事への支払いを渋ったり、パワハラ気味だということがわかれば、当然気をつけます

ゆえに、その人物を判断するときに、「これまでの発言の一貫性」、「今までとってきた行動」が判断材料になります。その場での発言がいかに「いいこと」を言ってても、とうぜん信用してはいけません。

上杉隆さん Wikipediaより

上杉隆さんが教えてくれたこと

どんなに人がよさそうでも、どんなにいいことを言っていても、その場での「発言」を信じてはいけない。

これは、私が上杉隆さんから学んだことです。

上杉さんと直接の面識はありませんが、身をもって人生でいちばん大切なことを教えてくださいました

厚く御礼申し上げるとともに、今後のますますのご活躍に期待したいと思います。