学校教育がなくなると社会秩序がなくなるかもしれない

不登校ユーチューバーゆたぼんの言ってることは部分的には当たっているから議論がややこしくなる

ゆたぼんさんは自身の不登校を売りにYouTubeで活躍している子供です。と言っても、お父さん(ゆたぼんパパ)に振りつけられている感じがまだまだありますが。

piranka/iStock

小学生ユーチューバーとして活動してきたゆたぼんさん。自身のYouTubeチャンネルで、「今年から中学1年となります。でも俺は中学校に行く気はありませーん!」と高らかに宣言しました。

中学校には行かへんけど、これからもいろんな人に会っていろんなことを学んで、いろんなことに挑戦していこうと思ってる!俺は自分だけの道に進んでこれからもブレずにまっすぐに突き進んでいくで!

と威勢のいいことを言っています。すごいなあ。

とうぜん、賛否両論が起きました。

茂木健一郎さんは、鼻出しマスクの受験生にすらシンパシーを感じてしまうくらい日本の教育に敵愾心をもっているので、当然の反応かもしれません。

一方で、フランス在住のひろゆきさんは、

と、意外にも常識的な反応です。

世の中の反応も二分していますが、学校肯定派のほうが多いでしょうか。

たしかに学校に行かないほうがいい場合もあるけれど

ゆたぼんさんも、学校教育のお世話にならないのは、それはそれで見識だと思います。じっさいに学校で人生をめちゃめちゃにされてしまう子供もいるわけですし。

ただ、学校を個人的な便益を得る場所つまり勉強するだけの場所だとして、ゆたぼんさんが独学できる才能があるとすれば、ゆたぼんさんはけっこう正しいと思います。現在の学校は年長世代の方々が思うよりもさらに窮屈で非効率な場所になっています(先生たちの多大なる自己犠牲にもかかわらず)。

ただし、日本の秩序を維持するという意味では、学校でしつけられるのも悪くないと思います。そうやって、今の日本の秩序は維持されている(個性的な人にとっては悲劇的な環境だとしても)可能性もあるからです。

ひとりの行動としては合理的でも、みんなが真似すると社会が崩壊する可能性は否定はできません。

杞憂だといいのですが、なくなってからその大切さに気づくのがいつもの日本人のパターンです。

大っぴらに不登校が認められたら・・・

一方、文科省も最近は不登校も認めているけれど、現場には浸透していません。けれどもこのステートメントが数年後に現場にじわじわと効いてくるのは想像に難くありません。

そういう意味ではゆたぼんさんが不登校の子どもたちの希望の星になったら・・・ならないか。

でも、積極的不登校は、一人の利益の追求のためには最適解かもしれませんが、多数の人がやりはじめると社会がどう変わるのかがわからないのが実際のところです。ある程度の常識や暗黙の了解を前提に動いている社会ですから、ある一定数の人たちにそれを養う場がなくなると、社会はどうにかなってしまうかもしれません。

もしかしたら、ひろゆきさんみたいな階級の方からすると、学校で従順なプロレタリアートができたほうが都合がいいと思っているのかもしれません。ぼくも治安が悪くなるくらいなら、多少窮屈でもいいかなあと思ってしまいます。そう思っている時点で、いまだに学校教育の虜なのですが。

なにかの偶然でゆたぼんさんが10年後も活躍していたら、学校関係者はその影響力を過小評価しないほうがいいと思います。老婆心ながら。