「BCU」で全国から集結した若者から貪欲に吸収する

2017年08月13日 15:00

、愛媛にいる意味」と言えば些か仰々しくなるが、元日本代表監督の岡田武史さんが経営する「FC今治」のビジョン、経営哲学、そして幅広い人脈から貪欲に吸収したいと思っている。

そういうことで、8月11日(金)~13日(日)は、僕もBarit Challeng University(BCU)に毎日、足を運んでいる。

IMG_5518

今治市・しまなみ海道から発信するインキュベーションプログラム「BCU」には、文字どおり全国から(一部は海外からも)高校生・大学生・社会人が集結

今年のテーマは、「せとうち王国のリーダーとしてせとうち地域のコスモポリタン化計画を構想せよ」

未知の課題に3日間、年齢や所属が異なるグループで、とことん議論する。その議論を、地元の経済界などがしっかり支える。そして、鈴木寛さんや今治出身の青野慶久さん始め超豪華なアドバイザリーボードが真正面からブラッシュアップする

「クリエイティブって何?」
「もっと具体的に!」

ものすごく濃密で贅沢な時間。

僕が高校生の時には、こういうプログラムはほとんどなかったから、今の高校生が羨ましいし、10年の深化を感じる。

IMG_5524

基調講演は、アドバイザリーボードのひとりで、シンクタンク・ソフィアバンク代表の田坂広志さん

目に見えない資本主義というタイトルで、高度知識社会における関係資本や信頼資本などの重要性、そしてボランタリー経済と貨幣経済の融合を整然と語る。

高校生には、必ずしもすぐに理解できる内容ではないかもしれない。でも、「読者百篇自ずから通ず」「門前の小僧習わぬ経を読む」とも言う。頭の片隅にあることが何かのひらめきにつながったり、すとんと落ちるときが来るのではないか。

参加者の、地域の、そして関わる全ての人のこれからが楽しみだ。

もっと知りたい!地域の高校生・大学生向けインキュベーション教育
小布施 × summer school
鯖江市地域活性化プランコンテスト
高校のない町で始まる最先端の高校生教育(島TECH)

17992047_1186512668124257_7227802292110441778_n

(Forbes Japan2017年6月号で、岡田武史さんとともに、「日本を元気にする88人」に選ばれました。)

4eb2faa6[2]

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
杯型社会に、求められること


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2017年8月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑