米国は好きなところを伸ばす、日本はすくい上げる

2018年10月22日 06:00

インタビュー前編「高校から米国へ、そして医師を目指すには:日本人大学生に聴く」はこちら

CVって大事なんですね。日本にいる時はあまり実感ありませんでした。

Toshiさんと北原氏(北原氏提供)

北原 大学進学はどんな感じでやったの?

Toshi 大学進学するために、全国統一試験のSAT(数学、英語のみ)かACT(数学、英語、理科、社会)のどちらかを受けるんです。1年に6回から7回くらい受けられるのですけど。

北原 6、7回!?多いね。しかもまた全国統一なんだ。日本は試験一発みたいな感じが強いけど、米国では大学進学するのに他にどんなことが重要視されているの?

Toshi 大学受験時にCV(履歴書)を提出しますね。僕はニューヨークの高校で4年間(米国は中学2年、高校4年)過ごしたのですが、その時の成績なんかはかなり影響していきます。

北原 米国では高校生の頃からCVが重要視されてるんだ。医者の世界ではいわゆる業績(論文、研究費、学会発表)などがCVを豪華にする要素なんだけど、学生だとどんなものなの?

Toshi 学校の成績やスポーツ、もらった賞やボランティアなどの課外活動ですね。

北原 大学での生活を聞きたいんだけど、今はどんなこと勉強してるの?

Toshi 米国では4年間のアンダーグラッド(undergraduate)と、医師になる人はその後4年間のメディカルスクールへ行くのですが、僕はそのアンダーグラッドが始まったばかりで高校の復習とか生物とか化学の授業を受けています。

北原 日本だと大学に進むと、最低限の単位だけ取って授業はあんまり出ないとか、勉強しないことって結構あると思うんだ。僕なんかは学生の頃、なんであんなに何もしない時間あったんだろ、って不思議に思うくらい授業出てなかったよ。

Toshi それはないですね。大学の成績は大学受験時と同様、その後のメディカルスクールへの進学に関係していくので。僕はメディカルスクールに行く前にギャップイヤーを取ろうと思っていますけど。

北原 ギャップイヤー??

Toshi はい、1年間とか2年間、大学卒業後に研究室に属して研究の手伝いをさせてもらうのです。

北原 それって普通のことなの?

Toshi すごく普通です。メディカルスクールにいる人の8割くらいはギャップイヤーを取っていると思います。そういった経歴があるとメディカルスクールにも入りやすいですし。

北原 今までの話を聞いてると米国の医学生はめちゃくちゃ忙しそうだけど。

Toshi 医学部1年の時はそうでもないみたいですが、先輩の話とか聞くと2年生以降は寝れないくらい忙しいみたいです。

北原 そっか、僕は学生の頃、あまりに寝すぎて気持ち悪くなったりしてたこともあったけど。

Toshi 逆に先生が今米国で働いているのは奇跡ですね。

北原 そうだね。奇跡だね。それで将来は何科になるの?

Toshi 今は心臓病に携わる科に入りたいと思っていて、夏休みの期間を利用してシカゴ大学の循環器内科の先生の本で研究の手伝いをしています。

北原 夏休み、休まないのね。具体的にどんなことをやってるの?

Toshi 珍しい症例のケースレポートを書いたり、循環器内科のカテーテルで使用しているデバイスや方法の検証をして論文を書いたりしています。そういったこともCVに業績として書けますし。

北原 やっぱりすごいね。僕と比べてもしょうがないけど、僕が初めて論文を書いたの医者7年目くらいだからね。日本と米国両方で教育を受けてきたと思うけど、それぞれのいいところを教えて。

Toshi そうですね、教育のシステムでいったら、米国は好きなところをすごく伸ばしてくれる感じがしますね。背中をすごく押してくれるというか。その代わり、その先に崖があって、もし落ちちゃったりしても助けてはくれない感じですね。日本は背中を押してはくれないけど、崖に落ちないように助けてくれたり、落ちた後もセーフティネットが張ってあってすくい上げてくれたりするイメージですかね。

北原 面白い例えだね。他には?

Toshi 娯楽面では圧倒的に日本がいいかな、と思います。米国の高校では日本では普通の文化祭や球技大会みたいな学校を挙げての行事はほぼなかったですね。キャリアに関しては米国はずっと勉強して高い成績を取り続けて、勉強以外の活動もやって、将来の科の研究室で手伝いしたりして、継続して頑張るのが大事ですね。日本は一発試験が重要視されている感じがします。どちらがいいとか、ましてやどちらが優れているということではないと思いますが。

北原 確かに米国に来て周りの学生や若手医師を見ると、皆早くから将来のキャリアをすごく考えて、それに向かって色々と準備しててるなと思うね。CVなんかもえらい豪華な感じで。そういった準備って日本で医師をする限りは今のところあまり必要にならないかもしれないけど、米国留学を考えているような人にとっては知っておいて損はないような気がするね。知っていて何もしないのと、知らないで何もしないのとではアホさ加減が違って、僕は圧倒的に後者のアホだったからね。非常に勉強になりました。

Toshi はい。

北原 ところで、日本人女性は外国人にモテる、と言うのは定説だと思うんだけど、やっぱり日本人男性は白人女性には全くモテない?

Toshi そんなことないと思いますよ。実際に僕の上の学年ですけど、アジアンと白人女性のカップルたくさんいますし。人種がどうこう、と言うよりはその人個人のイケてる・イケてないが大きいんじゃないですかね。

北原 そしたら僕もなんとかいけるってことでいい?

Toshi 本当に今日は貴重な機会をいただきありがとうございました。とても楽しかったです。


編集部より:この記事は、シカゴ大学心臓胸部外科医・北原大翔氏の医療情報サイト『m3.com』での連載コラム 2018年9月23日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた北原氏、m3.com編集部に感謝いたします。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
北原 大翔
シカゴ大学心臓胸部外科医

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑